自宅で「肉フェス」。ふるさと納税で狙いたい三大和牛はコレ

2016.11.09
1478587362

近年人気の「ふるさと納税」。ふるさと納税とは、自治体へ寄付した金額の一部が税金から控除され、さらに寄付先の自治体から返礼品で特産品が貰えることもあるという、まさにお得な制度。今回は、そんなふるさと納税で返礼品として手にはいる「三大和牛」に注目しました。あなたならどれが欲しい?

海外でも注目される三大和牛

三大和牛とは、「和牛の3つの銘柄牛肉をまとめて指す言い方」であり、一般的に、松阪牛神戸牛近江牛の3つの銘柄牛肉のことを指します。
国内のみならず、近年では国産牛は海外でも高く評価され、中でも神戸牛は『Kobe Beef』としてその名が広まっています。海外のグルメサイト等をみてみると、神戸牛や松阪牛をはじめ、和牛(wagyu)など日本の牛肉に関するキーワードをよくみかけます。そんな海外からも注目される三大和牛ですが、私たちは「ふるさと納税の返礼品」として、手に入れることができます!

三重県が誇る世界に誇る松阪牛

Sliced_Matsusaka_wagyu_beef-678x450

image by: Wikipedia

日本国内だけではなく、海外でも知名度抜群の松阪牛。松阪牛とは、「但馬牛の他、全国各地から黒毛和種の子牛を買い入れ、三重県松阪市及びその近郊で肥育された牛」のことを言います。意外にも歴史は浅く、戦後の1949年に、松阪牛として優秀な肉牛として認知され、高度経済成長には、すでにブランド牛肉としての地位を獲得。

松阪牛

  • 黒毛和種
  • 未経産の雌牛
  • 霜降り肉
  • 三重県・中勢地方を中心とした旧22市町村、および、旧松阪肉牛生産者の会会員の元で肥育さている

 

また農家の中には、「牛の食欲増進のためにビールを飲ませたり、体の血行を良くし皮下脂肪を均一にするためにマッサージする」ところもあるそうです。

そんな高級牛肉「松阪牛」がふるさと納税の返礼品として手に入るんです。

ふるさと納税の返礼品で手に入れる「松阪牛」

三重県 大台町 「松阪牛 肩ロースすき焼き」(寄付金 3万円以上)

pd_5f32d75b2e6fe67b313c5bdddc45a35092950733

人が自然と共生しながら”持続可能な暮らし”を目指すモデル地域であるとして認定された「ユネスコエコパーク」で飼育された松阪牛。大自然の中で飼育された松阪牛は一味違うかも?すき焼きで召し上がれ〜。
>>申し込みはこちらから。

愛知県犬山市「松阪牛バラ 焼肉用」(寄付金 2万円以上)

pd_fd7bf4db5e15e6bb263a0b72b3184b9f12653d7c

こちらはら愛知県のふるさと納税。お肉の専門店「スギモト」の松阪牛バラ肉だそうです。霜降りの入ったバラは、焼肉に最適。ジューシーで柔らかい食感が楽しめます。
>>申し込みはこちらから。

三重県 明和町 「【松阪牛】焼くだけハンバーグ」(寄付金 1万円以上)

pd_4e43dd968611d6fde659f4b7685b0a8ecc7bcea3

明和町に本社を置く「沢田食品」がつくった、松阪牛100%で作り上げたハンバーグ。牛脂が多い分、甘いのが特徴。松阪牛ならではの旨み成分たっぷりのが肉汁がたまりません。調理も焼くだけなので、らくちん。数量限定です。
>>申し込みはこちらから。

ついでに読みたい

自宅で「肉フェス」。ふるさと納税で狙いたい三大和牛はコレ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ジモココの最新情報をお届け

こちらもオススメ