何もない贅沢。沖縄最北の地にひっそり存在する隠れ宿「空の間indigo」

2017.09.13
indigo_top_photo

沖縄本島北部の総称「やんばる」。鬱蒼とした亜熱帯の森林地域が広がります。そのやんばるの最北端に位置するのが、沖縄県国頭郡国頭村。今回は、その国頭村の最北の集落「奥」のさらに外れに知る人ぞ知る人気宿「空の間indigo」を紹介します。

 

沖縄、やんばる。最北の集落で見つけた五感を感じる宿

沖縄本島の北部を総称して「やんばる」と呼びますが、それは、漢字で書くと「山原」。その文字が占示すよう、やんばるにはうっそうと亜熱帯の森が生い茂げり、鳥たちや虫たちの気配が色濃く、山の自然が続く海には豊かなサンゴが育ちます。人も車も本当に少ししかいなくて、スーパーもコンビニもなく、買い物は村で運営する共同売店が頼り。子どもたちは大きな子も小さな子もみんな一緒になって遊び、道には天然記念物である「ヤンバルクイナ」や「リュウキュウヤマガメ」の姿を普通に見ることができる、そんな場所です。

今回紹介したいのは、やんばるの最北の集落「奥」のはずれでひっそりと宿を営む「空の間indigo」のお話しです。

エントランスの看板

那覇からやんばるを目指すドライブで誰もが立ち寄るのが、沖縄本島最北端の「辺戸岬」。そこを過ぎさらに車を走らせると、最北の集落である奥にたどり着きます。集落といっても車ならものの10秒ほどで通りすぎてしまう小さなもので、「空の間indigo」があるのはその奥の集落の一番はじっこ

県道沿いにごくごく控えめに立てられた看板は、気をつけて見ていないと見逃してしまいそうなものですが、看板に従ってどこへ続くのかと思われる小道を抜けると、そこだけぽっかり森から浮かんだような空間「空の間indigo」が現れるのです。

出迎えてくれるのは、南国の植物が生い茂る敷地を自由に走りまわる烏骨鶏たちの姿で、彼らが走りまわる庭にはハンモックやツリーハウスをはじめギャラリーやカフェスペースが点在します。

庭でうろうろする烏骨鶏たち

庭でうろうろする烏骨鶏たち。毎朝、宿ではこの烏骨鶏の産みたて卵を使った朝ごはんがいただけます。

庭の中心にあるツリーハウスとハンモックのコーナー

ギャラリー内

ギャラリーは24時間オープン。様々な本やアート、楽器などが並びます。

庭は回遊式になっていて、さながら森の中の小宇宙といった感じでしょうか。さらに、この庭の先には海が開け、誰もいないやんばるのプライベートビーチが現れるのです。

エントランスからの全景

小林繭
東京生まれ、湘南生息中のフリー編集ライター。沖縄、ハワイ、島、旅モノやロハスネタを発信中。All About沖縄ガイド。目下、踊れる編集ライター目指し趣味のフラメンコに取り組む日々。

ついでに読みたい

何もない贅沢。沖縄最北の地にひっそり存在する隠れ宿「空の間indigo」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ジモココの最新情報をお届け
 ジモトのココロ・まぐまぐニュース!ほか、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

こちらもオススメ