モダンな銭湯に生まれ変わった! 東京のリニューアル「銭湯」まとめ

2017.07.12
umeno-yu

前回、「460円で楽しめるデザイナーズ銭湯」を紹介しましたが、他にもリニューアルして生まれ変わった銭湯はまだまだたくさんあります。今回は続編として、近年リニューアルをした都内の銭湯スポットを中心にご紹介します。460円で楽しめる銭湯へ行ってみましょう!

「魚のいるお風呂屋さん」、『改正湯』(蒲田)

2011年にリニューアルした改正湯【画像:公式サイト】

大田区蒲田は温泉地」とは東京都民でも知らない人の方が多い隠れた事実。蒲田界隈は温泉に入れる銭湯がいくつもある地域です。その中でもJR蒲田駅からも比較的近く、筆者の一押し銭湯が開業1929年の『改正湯』。2011年にリニューアルしたオシャレ銭湯です。

壁側に水槽が!  【画像:公式サイト】

こちらでは、黒湯の天然温泉はもちろん、何と言っても、世界でも珍しい「黒湯炭酸泉」を楽しめます。近年人気の炭酸泉を黒湯に加えているんです

また、水風呂も黒湯(黒水?)となっており、まさに東京ならではの黒湯三昧の銭湯です。さらに壁の水槽では金魚やチョウザメ(!)が泳いでいるというユニークな面も。魚たちを鑑賞しながら浸かることができます。

equipment-4 2

ロッカーもきれい!【画像:公式サイト】

また銭湯では、ヨガや落語のイベントなども開催しています。

【住所】東京都大田区西蒲田5-10-5
【電話】03-3731-7078
【営業時間】15:00〜24:30
【定休日】金曜日
公式サイト

野田 英和
面白そうなことなら何でも興味ある、史跡めぐり好きな都内在住のライター。足が棒になるほど街歩きをした後、銭湯に浸かることを楽しみにしている。主に都内が行動範囲だが、日本全国を回ることを目標にし、旅行を計画する日々。

ついでに読みたい

モダンな銭湯に生まれ変わった! 東京のリニューアル「銭湯」まとめ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ジモココの最新情報をお届け
 ジモトのココロ・まぐまぐニュース!ほか、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

こちらもオススメ