日本なのに、ここは異国か? 目を疑うほど「外国な風景」9選

2016.08.17

4. 英国の城館が見事!「大理石村ロックハート城」(群馬)

「ここは一体どこ?」と思った方も多いでしょう。

こちらは群馬県沼田市にある石のテーマパーク「大理石村ロックハート城」です。

約10万㎡もある広大な敷地内には、中世ヨーロッパを再現したという「ロックハート城」や「石造りの教会」などが立ち並びます。
しかも、こちらのロックハート城は、1829年にイギリスで建設され、その後は6年かけて日本へ移築されたという壮大な物語を秘めた城館なのです。(ヨーロッパの城館を移築し、復元したのは、日本で初めての試みだったそうです!)

1829年にスコットランドで建設されたロックハート城

image by: Wikipedia

もともと、1829年に英国のウィリアム・ロックハート伯爵がスコットランドに建設した、約3200トンの砂岩からなる地上3階、地下1階のカントリー・ハウスだったそうで、室内も豪華。

城内部のシャンデリアと階段

image by: Wikipedia

このロックハート城の他にも、ロックハート城ゆかりの英国の文豪「サー・ウォルター・スコット」の初版本や城に関する書物を1,000冊収めた「お城の図書館」や、恋愛アップのパワースポット「スプリングベル&恋人の泉」、結婚式場としても使用されている「セントローレンス教会」など、見どころ満載。

お城の図書館

image by: 公式サイト

スプリングベル&恋人の泉

image by: 公式サイト

 

ななせさん(@nanase_ask)が投稿した写真

 

Aimi Wadaさん(@__iamaimi)が投稿した写真

 

rojamさん(@rojam)が投稿した写真

ジモトのココロ編集部
地元応援メディア『ジモトのココロ』は、観光・移住・雇用からグルメ・温泉まで、地元の情報を発信しています。

ついでに読みたい

日本なのに、ここは異国か? 目を疑うほど「外国な風景」9選
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ジモココの最新情報をお届け
 ジモトのココロ・まぐまぐニュース!ほか、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

こちらもオススメ

1 Comment
  1. 豪太

    異国の城は幽霊が出そう‼️
    地下にはミイラが埋葬されてゾンビが祭壇から飛び出てきそうで怖ぁい‼️
    戦国時代の豪族の城を復元させて欲しかった。よりによって白人の国のマネしなくても良かったのでは⁉️尾瀬ヶ原もビックリ!!!

Comments are closed.