50歳から住みやすい地方ランキング発表。第1位には九州のあの都市

2016.07.13

シニアのための街づくりが活性化中の豊後高田市

長崎鼻のひまわり畑 (画像クレジット: 豊後高田市)

大分県北部に位置する人口約2万2千人ほどの小さな町、豊後高田市

「過疎自治体」でありながら、これまで『田舎暮らしの本』の「住みたい田舎」ベストランキングでは、全国初となる4年連続ベスト3に選ばれており、今回のランキングも第4位に輝きました。

シニア層移住者の積極的な受け入れ、移住に関連する事業が盛んなことが、その人気の秘密のようです。

・シニアのための街づくりを活性化(「ふれあい健康教室」など)
・引きこもりがちの高齢者を外出させるきっかけをつくったシニアのための「プラチナ通り




 

豊後高田市が移住者向けのPR動画を制作し、町の魅力発信に力を入れています。

 

日本の田舎には、まだまだたくさん魅力的な街がたくさんありそうです。

移住をお考えの方は、一度その土地を訪れてみることが1番いいでしょう。あなたはどの街に住みたいですか?

 

田舎暮らしの本 8月号」は只今発売中

画像クレジット:北九州市

ジモトのココロ編集部
地元応援メディア『ジモトのココロ』は、観光・移住・雇用からグルメ・温泉まで、地元の情報を発信しています。

ついでに読みたい

50歳から住みやすい地方ランキング発表。第1位には九州のあの都市
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ジモココの最新情報をお届け
 ジモトのココロ・まぐまぐニュース!ほか、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

こちらもオススメ

1 Comment
  1. 天然居士

    北九州市は、確かにいい所だ。ふぐ始め魚ははうまいし、大都市の機能と豊かな自然がともにある。気候もあたたかく昔と違って公害もひどくない。豊富な歴史遺産や素晴らしいお祭りもある。確かに老後を過ごすには最高の地域だ。

Comments are closed.