日本の若者が住みたい田舎ランキング、なぜ1位に大分県臼杵市?

2018.01.10
shutterstock_307323524

毎年、『田舎暮らしの本』(株式会社宝島社)で発表されている「住みたい田舎ベストランキング」2018年版が今回発表されました。昨年は鳥取市が総合1位でしたが、今年は果たしてどんな町がランクインしているのでしょうか?

 

【2018年版】「住みたい田舎ベストランキング」が発表!

main

こちらのランキングは、市町村に対して、移住に関する194項目ものアンケートを実施し、その回答を田舎暮らしの魅力として数値化してランキングが決定されています。アンケートには前回を大幅に上回る、過去最高の671もの市町村から回答を得ています。

 

2013年から始まり、第6回目を迎える今回は、ランキング方法をリニューアル。

人口10万人未満の「小さなまちランキング」と、人口10万人以上の「大きなまちランキング」の2つのカテゴリーに分けてランキングを発表しています。自然が豊かな小さなまちで田舎暮らしを楽しみたい人、田舎暮らしもしたいけれど都会の便利な暮らしも捨てがたい人それぞれのニーズに応えるためです。

また、世代によって異なるニーズがあるため、全世代対象の【総合】のほか、【若者世代】【子育て世代】【シニア世代】の4部門に分けてランキングが決定されています。より自分のニーズや生活に合った田舎を探すヒントになりそうですね。それでは、さっそくランキングを見ていきましょう。

 

【小さなまち 総合部門】1位は山梨県北杜市

sub2

 

小さなまちランキングで【総合部門】第1に選ばれたのは、山梨県北杜(ほくと)市でした。

北杜市では平成27年度から「若者応援プロジェクト」など総合戦略を進めているほか、移住希望者の就労支援も行っています。年代別の移住者数は30代が最多となるなど、若い世代にも人気があることが伺えます

 

【山梨県北杜市】山岳景観や名水が魅力!若者や子育て世代を重点的にサポート

「北杜市明野サンフラワーフェス」が毎年開かれている

山梨県北杜市は、山梨県で人気を誇る市であり、以前からランキング順位が高かったのですが、今回ついに総合1位を獲得しました。北杜市は、年平均気温は12.1℃と、東京都の年平均気温16.4℃(2016年 気象庁HPより引用)であることを考えると、少し涼しく過ごしやすい気候です。また、面積600㎢、人口4万7513人(2017年12月1日現在)と面積・人口ともに比較的ちいさいまちです。

 

東京都内から電車・車ともに片道2時間程度で行けるなど、東京から近いまちです。それもあってか、移住前の居住地は東京都が最も多いそう。また、移住する年代は、30代が最も多く約2割を占め、20代未満、60代、40代と続くそうです。

 

こういった立地条件も人気の理由だと思いますが、山岳景観や名水、温泉など自然が豊か、東京都内から2時間とは思えない田舎らしい風景、若者の地域交流が盛んなど魅力がたくさんあることが、移住につながっていると考えられます。

 

また、具体的な行政の働きかけも力になっています
北杜市は平成27年度から「若者応援プロジェクト」などの総合戦略を具体化し、認定こども園の開園や、「子育て支援住宅」など、様々な取り組みを行っています。東京からほどよい近さ、田舎や自然を感じられる環境の良さ、そして行政のサポートの充実が第1位に選ばれた理由ではないでしょうか。

 

sub5

市長からのコメント

 

末次優花
鳥取県生まれ。都会からUターンして現在は地元山陰を満喫中。都会に向けて山陰地方の魅力を日々発信しています。 人生最大の目標「ロードキル(動物の交通事故)を無くす!」をモットーに、地元大学で研究に取り組みながら、雄大な自然のなかでエコツアーガイドや移住支援事業に取り組んでいます。

ついでに読みたい

日本の若者が住みたい田舎ランキング、なぜ1位に大分県臼杵市?
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ジモココの最新情報をお届け
 ジモトのココロ・まぐまぐニュース!ほか、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

こちらもオススメ