雪化粧を眺めながら温泉を。雪見露天風呂で人気の宿ランキング

2017.12.06
snow

先日、楽天トラベルが「2017年 雪見露天風呂が楽しめる人気温泉宿ランキング」を発表しました。群馬・新潟・山形の3県の宿泊施設がトップ5を占める結果となりました。人気の『雪見温泉宿』には、どんな魅力があるのでしょうか?

 

雪見露天風呂が人気の温泉宿トップ5

楽天トラベルが発表した「2017年 雪見露天風呂が楽しめる人気温泉宿ランキング」のトップ5は以下の通り。

1位 群馬県 万座温泉 万座ホテル聚楽(じゅらく)
2位 新潟県 あてま温泉 当間高原リゾート ベルナティオ
3位 群馬県 万座温泉 日進舘
4位 山形県 蔵王温泉 蔵王国際ホテル
5位 山形県 かみのやま温泉 日本の宿 古窯

 

この寒い時期になると、人気なのが、「雪見露天風呂」。その名の通り、雪を見ながら入る温泉のことですが、解放感満点の冷たい外気に触れながらも、暖かい温泉に浸かるという両極端のことを同時にするのが、冬の露天風呂に入る醍醐味の一つ。それに加えて、「雪景色」があれば、最高ですよね!

 

トップ5の温泉宿に共通するものは、「露天風呂から美しい雪景色を見ることができる」冬限定の非日常を存分に味わえる温泉宿であるということ。
そして、47都道府県の中でも人気が集中したのは群馬、新潟、山形の3県。露天風呂の目の前に広がる山に、庭園に、しっとり雪が降り積もった景色を楽しめることが人気の秘訣のようです。また、すぐれた泉質や様々な湯船が楽しめること、ウィンタースポーツのレジャー施設も近いところなども、魅力のひとつのようです。

それでは、ランキング上位の温泉宿を中心に、それぞれの特徴と魅力をご紹介します。

 

雪見露天風呂、人気No.1の「万座温泉 万座ホテル聚楽」(群馬県)

snow

image by: 公式サイト

 

1位を獲得した「万座温泉 万座ホテル聚楽(じゅらく)」は群馬県にあります。東京の中心から車で3時間半ほど。首都圏からも近いことが人気のひとつでもあるのかもしれません。週末の旅行などにもうってつけですね。

 

【人気の理由 その1】目の前の雪山を見ながら、「雪見露天風呂」

冬の最大の魅力は、目の前に迫る雪山を見ながら温泉に入れることでしょう。

東京では雪が降り積もる景色を見ることができませんが、少し足を伸ばせば、冬を感じられる「雪見露天風呂」に入ることができます。
ちなみに、11月の時点でも、すでに積雪が15㎝、気温はマイナス9度という冬景色!

 

万座温泉 万座ホテル聚楽の露天風呂「雲海の湯」は、屋根のない開放感あふれる造り。自家源泉、そしてかけ流しの高濃度硫黄泉を楽しむことができます。

訪れた人からは、「雪見の露天風呂は格別。白濁の温泉はこれぞ温泉!という感じです」といった感想も。

 

 

 

【人気の理由 その2】スキーやスノボーを楽しみたい方にオススメ。わずか車で5分でスキー場に行ける

また、車で5分ほどのところに「万座温泉スキー場」があるのもポイント。思う存分ウィンタースポーツを楽しむことが出来ます。ホテルからは「万座温泉スキー場」までシャトルバスも運行していますので、雪道の運転が不安な方にもおすすめですね。

 

万座温泉スキー場 公式ホームページ

 

【人気の理由 その3】万座温泉は源泉20種類を越える「名湯中の名湯」

万座温泉 /©群馬県

「万座温泉」は標高1,800mの高台、緑に囲まれた上信越高原国立公園内にあります。源泉は硫黄泉で約80度と高温であり、湧出量は1日に540万リットルに達します。

昔から豊富な湯量に恵まれ、源泉は20種類を越え、名湯中の名湯といわれているそうです。適応症も多彩で、呼吸器病や胃腸病、リウマチや皮膚病のほか、美肌効果も期待でき、女性にも人気です。

乳白色の温泉は見た目も美しく、いつまでも温泉に入っていたい気持ちになります。お風呂から上がった後も身体の芯からぽかぽかと暖かくなり、冬の寒さを忘れてしまいそうです。

万座温泉観光協会HP

 

泉質が良いという声も。

 

宿泊プランは朝食・夕食付きで7000円~10000円前後とリーズナブル。これも人気の秘密ですね。

 

万座ホテル 聚楽

 

 

末次優花
鳥取県生まれ。都会からUターンして現在は地元山陰でライフを満喫中。都会に向けて山陰地方の魅力を日々発信しています。 人生最大の目標「ロードキル(動物の交通事故)を無くす!」をモットーに、地元大学で研究に取り組みながら、雄大な自然のなかでエコツアーガイドや移住支援事業に取り組んでいます。

ついでに読みたい

雪化粧を眺めながら温泉を。雪見露天風呂で人気の宿ランキング
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ジモココの最新情報をお届け
 ジモトのココロ・まぐまぐニュース!ほか、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

こちらもオススメ