なぜ徳島が1位? 外国人に人気の温泉ランキング『温泉総選挙2017』

2017.11.22
100

先日、政府が後援する温泉地活性化プロジェクト「温泉総選挙 2017」における各部門のトップ5が発表されました。全国各地の温泉地がエントリーし、すべて一般の投票数で決められます総選挙。今回の投票数は149万票にも登りました。一体、どの温泉地が選ばれたのでしょうか? 各部門の中でも、ジモココ編集部が注目したのは「外国人おもてなし部門」。

 

温泉総選挙に輝いたトップ5

先日、環境省・観光庁・内閣府・経済産業省が後援する温泉地活性化プロジェクト「温泉総選挙 2017」の結果が発表されました。総投票数は149万票。各9つの部門のトップに輝いた温泉地を紹介します。部門はリフレッシュ部門、うる肌部門、スポーツ・レジャー部門、健康増進部門、ファミリー部門、歴史・文化部門、女子旅部門、外国人おもてなし部門、絶景部門の9つ。まずは、それぞれの部門のトップ5の結果発表を見ていきましょう。

 

【リフレッシュ部門】
第1位 南紀白浜温泉(和歌山県西牟婁郡白浜町)
第2位 妙高高原温泉郷(新潟県妙高市)
第3位 五頭温泉郷(新潟県阿賀野市)
第4位 みなかみ18湯(群馬県みなかみ町)
第5位 いわき湯本温泉(福島県いわき市)

 

【うる肌部門】
第1位 油谷湾温泉(山口県長門市)
第2位 湯原温泉郷(岡山県真庭市)
第3位 秋川渓谷 瀬音の湯(東京都あきる野市)
第4位 嬉野温泉(佐賀県 嬉野市)
第5位 鳴子温泉郷(宮城県大崎市)

 

【スポーツ・レジャー部門】
第1位 湯原温泉郷(岡山県真庭市)
第2位 五頭温泉郷(新潟県阿賀野市)
第3位 別府八湯(大分県別府市)
第4位 南紀白浜温泉(和歌山県西牟婁郡白浜町)
第5位 白子温泉(千葉県長生郡白子町)

 

【健康増進部門】
第1位 妙高高原温泉郷(新潟県妙高市)
第2位 湯原温泉郷(岡山県真庭市)
第3位 高湯温泉(福島県福島市)
第4位 豊富温泉(北海道豊富町)
第5位 三朝温泉(鳥取県三朝町)

 

【ファミリー部門】
第1位 南紀白浜温泉(和歌山県西牟婁郡白浜町)
第2位 五頭温泉郷(新潟県阿賀野市)
第3位 塩原温泉・板室温泉(栃木県那須塩原市)
第4位 伊香保温泉(群馬県渋川市)
第5位 川根温泉(静岡県島田市)

 

【歴史・文化部門】
第1位 島原温泉(長崎県島原市)
第2位 人吉温泉(熊本県人吉市)
第3位 鳴子温泉郷(城県大崎市)
第4位 函館湯の川温泉(北海道函館市)
第5位 箱根十七湯(神奈川県箱根町)

 

【女子旅部門】
第1位 長良川温泉(岐阜県岐阜市)
第2位 四万温泉(群馬県中之条町)
第3位 山中温泉(石川県加賀市)
第4位 伊香保温泉(群馬県渋川市)
第5位 人吉温泉(熊本県人吉市)

【絶景部門】
第1位 妙高高原温泉郷(新潟県妙高市) 
第2位 油谷湾温泉(山口県長門市)
第3位 太古天泉 松島温泉(宮城県松島町)
第4位 大歩危・祖谷温泉郷(徳島県三好市)
第5位 層雲峡温泉(北海道上川町)

 

【外国人おもてなし部門】
第1位 大歩危・祖谷温泉郷(徳島県三好市)
第2位 雲仙温泉(長崎県雲仙市)
第3位 城崎温泉(兵庫県豊岡市)
第4位 湯田中渋温泉郷(長野県山ノ内町)
第5位 別府八湯(大分県別府市)

そして、今回注目したいのは「外国人おもてなし部門」のトップ5。1位には輝いたのは意外な温泉地、徳島県の温泉郷でした。

 

ジモトのココロ編集部
地元応援メディア『ジモトのココロ』は、観光・移住・雇用からグルメ・温泉まで、地元の情報を発信しています。

ついでに読みたい

なぜ徳島が1位? 外国人に人気の温泉ランキング『温泉総選挙2017』
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ジモココの最新情報をお届け
 ジモトのココロ・まぐまぐニュース!ほか、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

こちらもオススメ