またニッポンに泊まろう。外国人にウケがよかった日本のホテルの特徴

2017.11.15

ゲストハウス型ホテル「グリッズ(GRIDS)」(東京)

 

インバウンド向けゲストハウス型ホテルブランド「グリッズ(GRIDS)」が手がけるホテルです。2015年に「グリッズ秋葉原」、そして2016年に「グリッズ日本橋イースト」がオープンしました。

どちらも東京観光するなら最高の立地。日本の文化を体感できるようなモダンな場所にあるのも人気の理由の一つです。

 

しかも、好立地にあるのにドミトリーであれば、一泊3,000円〜というリーズナブルさもウケているようです。

また、コンセプトである「人と人、旅と旅をつなぐ」場所の存在にも注目。例えば、秋葉原店には、秋葉原店の1階には人気コーヒー店「STREAMER COFFEE COMPANY」があります。

 

エントランスにはバーランジ「ターミナル」を設置。観光客だけではなく地域の人々も交流でき、楽しめるような場所が提供されているのも魅力的です。

 

秋葉原や日本橋など各エリアの特色に合わせたホテルのデザインやコンセプトにも注目。こちらは日本橋店。

 

อยู่แบบพอเพียง หอพักชายรวม

tik_narak_2017さん(@tik_narak_2017)がシェアした投稿 –

 

コージーなロビーがなんとも居心地良さげ。

 

GRIDS 秋葉原店
住所:東京都千代田区東神田二丁目 8-16
TEL:03-5822-6236
公式サイト

GRIDS 日本橋店
東京都中央区日本橋久松町4-7 TEL:03-6667-6236
公式サイト

 

最後は大阪に来年にオープンするインバウンドホテルを紹介。

末次優花
鳥取県生まれ。都会からUターンして現在は地元山陰を満喫中。都会に向けて山陰地方の魅力を日々発信しています。 人生最大の目標「ロードキル(動物の交通事故)を無くす!」をモットーに、地元大学で研究に取り組みながら、雄大な自然のなかでエコツアーガイドや移住支援事業に取り組んでいます。

ついでに読みたい

またニッポンに泊まろう。外国人にウケがよかった日本のホテルの特徴
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ジモココの最新情報をお届け
 ジモトのココロ・まぐまぐニュース!ほか、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

こちらもオススメ