またニッポンに泊まろう。外国人にウケがよかった日本のホテルの特徴

2017.11.15

外国人に人気の旅館「The Ryokan Tokyo YUGAWARA」(神奈川県)

sub4

image by: PR TIMES

ホテルだけではなく、インバウンド向けのエンタメ旅館にも注目が集まっています。

2016年に神奈川県湯河原町にオープンした『The Ryokan Tokyo YUGAWARA (以下TRT湯河原)』。「インスタ映えする日本」をイメージした外観や内観が話題で、外国人観光客に人気の旅館としてメディアでもよく取り上げられています。

 

まずその外観からして、ザ・ニッポンを感じさせる作りに。
京都・伏見稲荷を思わせるゲートと枯山水の庭、漢字の提灯などが、お出迎えしてくれます。

main

image by: PR TIMES

 

sub11

image by: PR TIMES

そしてエントランスには浅草・雷門のような大きな赤提灯と浮世絵が描かれた大凧が。旅館ならではの和モダンな旅館づくりを展開しています。

 

sub10

 

またこちらの旅館も、部屋タイプが様々。和室もあればドミトリーもあり、多様な価値観の観光客の受け入れができます。ちなみに男女混合部屋のドミトリーは約2700円〜からとリーズナブル!

しかも、100%源泉掛け流しの温泉もあるなんて、至れりつくせり。

この旅館に魅力を感じて、毎日、世界各国からたくさんの旅行者が訪れています。

 

 

「この旅館、おすすめだよ!箕面ビールがあるし、タトウーでも大丈夫」

 

THE RYOKAN TOKYO YUGAWARA
神奈川県足柄下郡湯河原町宮上742
Tel: 0465-63-3498
公式サイト

 

次は都内を中心に全国にも広がりつつあるゲスト型ホテル「GRIDS」を紹介。

末次優花
鳥取県生まれ。都会からUターンして現在は地元山陰を満喫中。都会に向けて山陰地方の魅力を日々発信しています。 人生最大の目標「ロードキル(動物の交通事故)を無くす!」をモットーに、地元大学で研究に取り組みながら、雄大な自然のなかでエコツアーガイドや移住支援事業に取り組んでいます。

ついでに読みたい

またニッポンに泊まろう。外国人にウケがよかった日本のホテルの特徴
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ジモココの最新情報をお届け
 ジモトのココロ・まぐまぐニュース!ほか、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

こちらもオススメ