「水分補給」と「かけ湯」。入浴前に必ずすべき2つのこと

2017.11.05

一番重要なのは入浴前の水分補給及びしっかりとしたかけ湯であろう。

僕が通っている草津の時間湯湯治では、必ず500mlペットボトル飲料を用意し入浴前に水分をとらないと、お湯に入れてもくれない。

入浴前には手順があり、まず足先だけに手桶で20—30杯かけ湯をし、さらに頭にタオルをかぶせて、頭だけに手桶で30杯かけ湯をする。 しかるのちに、下半身の前と後ろを清めつつ、5杯ずつ程度のかけ湯をする。

これだけしっかりとかけ湯をしないと、湯長さんは入浴させてくれない。それだけ、入浴のリスク、つまり「かもしれない」を減らすべく、効率的に編み出された入浴法なのである。

しかも、3分間の入浴ののち、湯船から上がった際も、いきなり立ち上がると叱られる。 全身が水圧から開放されることで、血液が頭から下半身などに移動するために、脳貧血を起こして転倒する可能性があるからだ。 よって、湯から上がっても、浴槽の縁にしゃがんで20秒くらい休むことになっている。

たった3分間だけの入浴とは言っても、なにしろ48度近い激アツ湯である。

江戸時代末期から脈々と続けられてきた歴史の中には、事故を未然に防ぐ「かもしれない」入浴法が確立しているのである。

入浴事故の多くは冬に起こっている。 これからの時季、大いに注意したい。

 

image by: Shutterstock

 

5f41fda58e71e3695decdeb35d66f4de_xs

【著者プロフィール】飯塚玲児

愛知県生まれ。紀行作家、郷土料理写真家。編集部記者として月刊誌の編集に携わりながら全国各地を取材。『クチコミおでかけ旅情報』編集長、創刊50年を誇る現役最古の旅行雑誌『月刊旅行読売』の編集長を歴任したのちに退職、独立。これまで編集した雑誌や情報誌は数100冊、過去に泊まった宿は800軒余、入浴した温泉は3000湯を超える。現在、週刊メルマガ「飯塚玲児の“一湯”両断!」と、記事単位で人気作家の記事が読める「mine」が好評中。公式ブログ

 

 

ジモトのココロ編集部
地元応援メディア『ジモトのココロ』は、観光・移住・雇用からグルメ・温泉まで、地元の情報を発信しています。

ついでに読みたい

「水分補給」と「かけ湯」。入浴前に必ずすべき2つのこと
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ジモココの最新情報をお届け
 ジモトのココロ・まぐまぐニュース!ほか、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

こちらもオススメ