ふるさと納税で最新「ダイソン」。人気のブランド家電ランキング

2017.10.18
20171016_furusato

前回は「ふるさと納税の返礼品で豪華なおせち」という記事を紹介しましたが、他にも「ふるさと納税」では人気の返礼品があります。それは「家電」。人気メーカーの「ダイソン」を中心に、家電を返礼品として出す自治体もあります。今年もあと残り少しですが、いまならまだ申し込むことができる人気の家電を紹介します。

 

ふるさと納税で人気の「家電」

近年、人気の家電メーカーとして話題になっているのがイギリスの家電メーカー「ダイソン」。中でも、「コードレスの掃除機」、「羽根のない扇風機」など革命的な商品を世に出し、相次いでヒットを飛ばしています。そんな大人気のダイソンですが、ふるさと納税の返礼品として出している自治体もあり、人気を博しています。還元率の良い商品だとすぐに在庫切れになってしまうなんていうことも。

「家電」が人気のワケ

ダイソンに限らず、家電は全般的に人気。その理由の一つには、「日常生活で長く使える」ことがあげられるでしょう。全国各地の名産や高級肉などもふるさと納税の返礼品として人気ですが、日常で使える家電、例えば、掃除機やヘアドライア、オーブンなどは一度新調すれば長く使えるので、口に入れたら瞬間的に消えてしまう食品などと比較するとお得感が増しますよね。それに家電は価格も高めなので、控除上限内を寄付すれば、実質2,000円だけの負担だけで手に入れられます。

一方、家電は寄付金が他の返礼品と比較すると高めですが、控除の上限を超えても「この製品を作っているこの自治体を応援したい!」という人も多くいるようです。

 

来年は「家電」がなくなるかも?

今年4月、総務省は返礼品の調達額を寄付額の3割以下にするよう通知。還元率が高めであった家電製品を返礼品としていた自治体が返礼品の見直しつつあると話題になりました。そのような背景があるので、2018年以降は家電を返礼品とする自治体は減るだろうと言われており、今年がラストチャンスかも!?

 

ちまちま買うより、金額の高い「家電」がいい?

今年の「ふるさと納税」の締め切りまで残りわずか3ヶ月を切っていますが、限られた時間の中では、低額の寄付金を何度もするよりも、控除額上限ギリギリまでの寄付金を一度でするのもいいかもしれません。そのような点からも「家電」は狙い目だと言えるでしょう。前回もお伝えしましたが、ふるさと納税先が5つ以下であれば、確定申告なしの「ワンストップ特例制度」もあるので、「家電」をひとつ返礼品としてもらうというのもアリです。今回、編集部では人気の家電ランキングをご紹介したいと思います。

 

いま人気の「家電ランキング」ベスト20選

いくつかのふるさと納税サイトがある中、ふるなびは「家電」が充実しています。そこでいま人気の「家電」をご紹介しましょう。(※ランキングは変動しています)

まず、寄付を申し込む前に必ず自分の控除上限こちらからチェックしましょう。

 

1位 マウスコンピューター / 10.1型2in1タブレットPC(長野県飯山市)
【寄附金額】90,000円

furunabi01

人気ナンバー1はマウスコンピューターのタブレットPC「マウスコンピューター」の工場がある飯山市では飯山製のパソコンやディスプレイなどをふるさと納税の返礼品として出しています。Officeが搭載されているので、機能的にも抜群ですね。

飯山市ならではの返礼品なので、応援したくなりますよね!実際、寄付した人からは「飯山市とマウスコンピューターを応援したい!」という声も。200台限定なので、これから年末にかけては売切れもありえそう。

 

【控除上限額の目安】独身または共働きの世帯 / 年収約700万円→控除上限額 106,000円 /寄付金額の目安 108,000円

 

申し込みはこちらから「マウスコンピューター」

 

2位『K8 ダイソン Dyson V8 Fluffy+』(佐賀県みやき町)
【寄附金額】350,000円

dayson

先述した「ダイソン」の人気商品である「コードレス掃除機」。コードがないのでストレスフリーであることはもちろん、ダイソンの特許技術であるサイクロン・テクノロジーを採用しているので、大きなゴミから、目に見えないような小さなゴミまで吸い取ることができる優れもの。すべてのゴミを吸い尽くす、パワフルな吸引力が目玉。これなら掃除するのも楽しくなりそうですね。

 

【控除上限額の目安】独身または共働きの世帯/ 年収約1500万円 →控除上限額387,000円 /寄付金額の目安389,000円

 

申し込みはこちらから 「ダイソン コードレスクリーナー」

 

2位 ウォーターオーブン専用機(大阪府岬町)
【寄附金額】120,000円

furusato_06家電メーカーSHARPの人気ブランド「ヘルシオ」のウォーターオーブン専用機その名の通り、過熱水蒸気で焼けるオーブンです。外はサクサク、中はふんわりの焼きたてのよう美味しさが評判で、オーブンの中でも人気。また、過熱水蒸気による過熱で余分な油を落とすことができるので、ヘルシー志向の方にはおすすめ!

 

【控除上限額の目安】独身または共働きの世帯/ 年収約800万円 →控除上限額127,000円 /寄付金額の目安129,000円

 

申し込みはこちらから 「ウォーターウォーブン」

 

3位 Dyson Supersonic (九州佐賀県みやき町)
【寄附金額】150,000円

1-1

ダイソンの主力商品のひとつであるヘアドライヤー。真ん中ぽっかり空洞になっているデザインもユニークな「Dyson Supersonic」は大風量で速乾できるとあって、人気です。長めの髪でも5~6分で乾かすことができます。色はピンク、ブルー、シルバーの3種類!

【控除上限額の目安】独身または共働きの世帯/ 年収約900万円 →控除上限額 149,000円 /寄付金額の目安 151,000円

 

申し込みはこちらから「Dyson Supersonic」(ピンク)

申し込みはこちらから「Dyson Supersonic」(ブルー)

申し込みはこちらから「Dyson Supersonic」(シルバー)

 

4位 超軽量コードレススティッククリーナー(静岡県小山町)
【寄附金額】50,000円

furusato_05

アイリスオーヤマのたった1.3キロの超軽量スティッククリーナー業界最軽量だそうで、子供でもお掃除できてしまうというのが特徴。これならお掃除もラクラク。

 

【控除上限額の目安】独身または共働きの世帯/ 年収約450万円→控除上限額 30,000円 /寄付金額の目安 42,000円

 

申し込みはこちらから「コードレススティッククリーナー」

 

5位  Windows10スティックPC (神奈川県綾瀬市)
【寄附金額】30,000円

furusato_07

Windows PC」とはその名のとおり、ポケットサイズのスティックPC。ディスプレイやテレビのHDMI入力端子に接続するだけでパソコンに早変わりします。手軽にネット動画を楽しめたりします。外出先などでテレビにつなげたいという方や持ち歩きしたいという人にとっては、便利かも!

 

【控除上限額の目安】独身または共働きの世帯 / 年収約300万円→控除上限額 26,000円 /寄付金額の目安 28,000円

 

申し込みはこちらから「Windows10スティックPC」

 

ジモトのココロ編集部
地元応援メディア『ジモトのココロ』は、観光・移住・雇用からグルメ・温泉まで、地元の情報を発信しています。

ついでに読みたい

ふるさと納税で最新「ダイソン」。人気のブランド家電ランキング
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ジモココの最新情報をお届け
 ジモトのココロ・まぐまぐニュース!ほか、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

こちらもオススメ