移住希望ランキング、長野、富山、新潟、北海道はなぜ人気が高いか

2017.09.13

移住者相談が3番目に多かった北海道。札幌市や旭川市などの都市部を除けば、過疎化に悩む北海道ですが、近年注目を集める町があります。

写真の街として人気。北海道・東川町

higasikawa01

東川町の旭岳【画像: 旭川市】

北海道の中央部にある北海道・東川町は、人口約8000人ほどの小さな町です。全国的に過疎化が進む中、過去20年間で定住者は約1000人増加した町として注目を集めています。なぜこの小さな町が注目を集めているのでしょうか。

 

北海道・東川町に移住希望者が多いワケ その1:「写真」で町おこし

20170912_higashikawa

東川町の公式サイト。「写真の町」を想起させる綺麗な写真をたくさん使ったサイト

東川町は「写真で町おこしというユニークさで注目を集めています。

1985年に「写真の町」宣言をし、以後30年にわたり、町が一丸となって「写真写りの良い町づくり」を目指し活動してきました。2014年には「写真文化首都」宣言を写真文化の中心地として、国内だけではなく、海外からも注目を集めています。写真の町だけに、イベントも開催。毎年開催される「東川町国際写真フェスティバル」は北海道内外に知られる存在となっています。

最近では、「インスタ映え」する町に惹かれ、カメラマンやライターなどのクリエーターが住み付いている傾向があるようです。

 

北海道・東川町に移住希望者が多いワケ その2:充実した子育て環境と支援制度

20170912_higashikawa_iju

小さな町ですが、移住者のために子育てをサポートする施設や支援制度が充実。例えば、子育て施設や医療施設、福祉施設などが整っており、子育てしやすい環境にあります。通園バスもあるので、送り迎えも心配いらず。子ども医療費助成、養育医療費助成、児童手当など子育てを応援する支援制度も充実しています。家族向けにとっては嬉しいですね。

 

北海道・東川町に移住希望者が多いワケ その3:水の町としての知名度

旭川からほど近い、大雪山国立公園の麓にある、東川町。実は全国的にも珍しい、北海道でも唯一「上水道の無い町」としても知られています。大雪山が蓄えた雪解け水が、長い時間をかけてゆっくりと地中にしみこみ、自然の水が東町へと流れていきます。まさに自然の恵が豊富な町。天然水を飲める町で暮らすことができるなんて、最高ですよね。移住希望をするのもうなづけます!

 

次は山と海に囲まれた富山県。移住体験ツアーなどを積極的におこなっています。

ジモトのココロ編集部
地元応援メディア『ジモトのココロ』は、観光・移住・雇用からグルメ・温泉まで、地元の情報を発信しています。

ついでに読みたい

移住希望ランキング、長野、富山、新潟、北海道はなぜ人気が高いか
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ジモココの最新情報をお届け
 ジモトのココロ・まぐまぐニュース!ほか、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

こちらもオススメ