外国人が殺到する城崎温泉、どうやって訪日観光客を36倍に伸ばしたか?

2017.09.06
20170906_top_onsen

前回、「日本に来た外国人がリアルに買っていく『意外なお土産』」や「外国人の「日本酒」爆買いが止まらない。世界に広がる地元のSAKE」など、外国人旅行客が買っていくモノや海外で人気の意外な日本のモノなどについて紹介してきました。しかし、「モノ」だけにはとどまりまりません。訪日外国人はモノからコト、つまり「体験型」の旅を好む傾向にシフトしてきました。中でも、最近人気のあるのが「温泉」です。

 

モノ消費からコト消費へ。『体験型』を望む外国人

20170905_shateki

日本政府観光局によると、2016年の訪日外国人数は 2,403万9千人でした。これは1964年以降、過去最高の記録です。

少し前までは「爆買いする中国人」に代表されるように、モノ消費をする旅行客の姿を目にし、インバウンドによる経済効果が話題となりました。しかし、「爆買いブーム」もひと段落し、いま旅行客は「モノ」から「コト」へシフトしつつあります。

コト消費の中でも、旅行客は日本ならではの体験を求める傾向が多いようです。
2015年に実地された「DBJ・JTBFアジア8地域・訪日外国人旅行者の意向調査(平成27年版)」によると、「行ってみたい日本の観光地イメージ」について調査したところ、最も多かったのが、「温泉」でした。この調査では、「桜」や「富士山」を抑えてトップとなっており、温泉に入りたいという外国人が多くいることがわかりました。

では、具体的にどこの温泉地が人気なのでしょうか?

 

訪日外国人観光客が殺到する人気温泉地

数多く存在する日本の温泉地の中でも、今、訪日外国人の中で人気の温泉地は、兵庫県豊岡市にある「城崎温泉(きのさきおんせん)」です。2011年から2016年までをみると、ここ6年で城崎温泉周辺に宿泊する外国人の旅行者の数は36倍に伸び、注目の温泉地となっています。

20170905_shukuhaku

提供:豊岡市役所 大交流課

昨年には、環境省と観光庁が後援を務める温泉総選挙の「インバウンド部門」で1位に選ばれました。これは海外にPRしている温泉地であること、外国人観光客が増えたことなどが評価されました。

この城崎温泉がある兵庫県は年々外国人観光客が増えており、2016年度は149万人で、2年連続で100万人を超えています。2020年まで300万人を目標にしています。その目標に向けて、外国人観光客向けに兵庫県がPRしているのが「ひょうごゴールデンルート」です。このルートというのが、神戸、姫路、城崎(豊岡市)をつなぐ周遊コースです。このコースには、城崎温泉の他にも、2015年にグランドオープンした「姫路城」、神戸牛体験など、食べて、見て、くつろぐ、「体験型」のコースをすすめています。

 

また、平成28年の1年間の豊岡市の宿泊者数は、44,648 人で前年比約1.3倍となりました。なお、城崎地域で初めて4万人を突破した。

豊岡市訪問外国人数

豊岡市訪問外国人数(豊岡市公式サイトより)

 

ジモトのココロ編集部
地元応援メディア『ジモトのココロ』は、観光・移住・雇用からグルメ・温泉まで、地元の情報を発信しています。

ついでに読みたい

外国人が殺到する城崎温泉、どうやって訪日観光客を36倍に伸ばしたか?
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ジモココの最新情報をお届け
 ジモトのココロ・まぐまぐニュース!ほか、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

こちらもオススメ