授業料は格安で、就職率は100%。「コスパ日本一」の大学はココ

2017.08.25
20170824_ daigaku

「予備校まで通ってやっと合格した憧れの大学なのに、こんなはずじゃなかった」ー。大学をブランドや評判だけで安易に選んでしまうと、後で取り返しのつかない事態を招きかねません。無料メルマガ『幸せなセレブになる恋愛成功変身術!』では、大学を選ぶときの目安である「就職率」「偏差値」「授業料」に着目し、日本一コスパの良い大学はどこなのかを考察しています。

授業料が安くて就職に強い大学は?

このメルマガでは以前から「入学が簡単で就職にも強い」掘り出し物の大学を探し出してはご紹介してきました。しかしそうした大学は「結局授業料が高くて、お嬢様しか入れないんでしょ?」という疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います

そこで今回は就職率・偏差値だけでなく授業料も含めて「真のコスパ日本一大学」を探していきたいと思います

まずは「大学通信調査」による2017年度卒業生全員就職を達成したパーフェクト大学(学部)をご紹介します!

※末尾の数字はおおよその偏差値・年間授業料

  • 東北女子大学家政学部(青森) 32  70万円
  • 大阪総合保育大学児童保育学部 37  84万円
  • 兵庫医療大学リハビリテーション学部 42  100万円
  • 富山県立大学工学部 45  54万円
  • 滋賀県立大学人間看護学部 48  54万円
  • 山口県立大学社会福祉学部 53  54万円

…なんと6学部中5学部が入学偏差値50未満です! 授業料50万円台も3学部あります。すなわち「入学がカンタンで」「授業料は格安で」「就職にも強い」極楽浄土のような大学は、この日本に確かに存在しているのです(人´∀`)。みんな調べていないだけです。

ジモトのココロ編集部
地元応援メディア『ジモトのココロ』は、観光・移住・雇用からグルメ・温泉まで、地元の情報を発信しています。

ついでに読みたい

授業料は格安で、就職率は100%。「コスパ日本一」の大学はココ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ジモココの最新情報をお届け
 ジモトのココロ・まぐまぐニュース!ほか、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

こちらもオススメ