日本好きの台湾人が、二回目以降に訪れる意外な旅行先は?

2017.08.30

台湾人が好きな宮城県

宮城の玄関口「仙台空港」から入国した台湾人は約2万2800人で全体の46%と、半数近くを占めています。そんな台湾人観光客を呼び込もうと、宮城県の市と町が、食とタクシーをかけあわせたツアーを策定するなど、盛り上がりを見せています。

 

台湾人が好きな宮城県:巨大な「仙台大観音」

 

劉昶顯さん(@lch7342)がシェアした投稿

大観密寺にある、100mの「仙台大観音」。大きな観音様は注目を集めているようです。

 

台湾人が好きな宮城県:紅葉シーズンが人気の「鳴子峡」

宮城県大崎市に位置する峡谷、「鳴子峡」。日本らしい風景が見られるスポットでもあります。

 

台湾人が好きな宮城県:猫の島「田代島」

 

GoFAR.hkさん(@gofar.hk)がシェアした投稿

猫神様が祀られている石巻市の「田代島」には、たくさんの猫がいることで知られています。日本人にも負けず劣らず、台湾人も猫が好きなようです。

 

 

 

次は四国の2県に注目!

ジモトのココロ編集部
地元応援メディア『ジモトのココロ』は、観光・移住・雇用からグルメ・温泉まで、地元の情報を発信しています。

ついでに読みたい

日本好きの台湾人が、二回目以降に訪れる意外な旅行先は?
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ジモココの最新情報をお届け
 ジモトのココロ・まぐまぐニュース!ほか、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

こちらもオススメ