廃れゆく商店街でもなかなか潰れない「花屋」に学ぶ生き残り戦略

2017.08.04

すぐ近くにある2つの花屋はなぜそれぞれ流行っているのか?

実際に花屋に足を運んでみると、流行っている花屋さんではこの顧客価値を満たす品揃えになっていたり、顧客コミュニケーションになっている。

例えば、駅ビルの1階にある、おしゃれで少し高めに価格設定をしている花屋では、アラサー、アラフォーの可処分所得が高めのキャリアを持つ女性をターゲットにしているのであろうか、その店オリジナルの、華やかなブーゲンビリアの寄せ植えを店頭の一番目立つ場所に飾り、「あなたの部屋を飾るには柔らかな色合いのブーゲンビリアが最高」と、花を飾った場合の顧客の生活を想像させている。

またすぐ横に置いであるミリオンバンブーには、「忙しいあなたにも簡単に育てられる、こちらがオススメ」と、仕事の合間に世話をするにも、時間をかけず手入れができる、という時間の価値を訴求している。

一方で、その花屋の入っているビルの裏にも、花の問屋が運営している花屋がある。この店には、看板に大きく、「新鮮でお得なお花!」と書かれている。

すぐ前にあるちょっと高級な花屋さんとは違い、育てるのに最適な寄せ植え用の苗が、「6つで500円」などと無造作に、多くの種類がたくさん置かれている。

切り花もどちらも全く異なり、前者は花束を中心に、ブーケやプリザーブドフラワーも充実している。後者は、1本ずつ自分で選ぶことができ、種類も限られていて、お値打ちだ。

後者の方は、園芸好きで若干高齢者をターゲットとしているようで、仏花のバリエーションも多く揃えている。

この2店に関しては、近くにありながら、棲み分けがしっかりとされていて、顧客を取り合う必要もないのであろうと思われる。

理央周
あのヒット商品はなぜ「ヒット」したのか?あのレストランの予約は、なぜいつも取れないのか?世の中で「売れているモノや人気者」はなぜヒットするのでしょうか?毎号実際の店舗や広告を取り上げ、その背景には、どんな「仕掛け」と「思考の枠組み」があるのかを、MBAのフレームワークとマーケティングの理論を使って解説していきます。1.「中小企業経営者・個人事業主」が売り上げを上げる 2.「広告マン・士業」クライアントを説得する 3.「営業マン」が売れない病から脱するためのメルマガです。

ついでに読みたい

廃れゆく商店街でもなかなか潰れない「花屋」に学ぶ生き残り戦略
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ジモココの最新情報をお届け
 ジモトのココロ・まぐまぐニュース!ほか、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

こちらもオススメ