【続】地元出身者をイラッとさせる、言ってはいけない一言シリーズ

2017.07.05
パソコン版

以前に「地元出身者をイラッとさせる、言ってはいけない一言シリーズ」を紹介しましたが、「自分の県がでていない!」、「あの県のイラッとする一言が知りたい」など、様々な反響がありました。そこで今回は第2弾をお届けします。他の出身者からするとわからないけど、気づかないうちにポロっと発したその言葉に、もしかしたら、相手はイラついているかもしれませんよ。

京都府民には言ってはいけない

京都

京都の小学生が背負っているのはランドセルではありません。「ランリック(ランリュック)」です。ランリックとはランドセルとリュックが合体した京都市内でおなじみの通学カバン。布製でイエローカラーが特徴です。小さい頃に背負ったランリックをみると、京都府民はきっとノスタルジックな気分になるはず。ランリックを小バカにする発言はしないほう良いかもしれません。

 

ランリックに続いて、京都からもう1本。

「大文字焼き」京都

毎年8月16日に開催される、古都の夏の風物詩「五山の送り火」。お盆に帰った先祖を再びあの世へ送り出すための厳かな儀式で、「大文字」「左大文字」「妙・法」「舟形」「鳥居形」の5つの山で送り火が焚かれます。

okuribi-dai3

別名大文字焼き(だいもんじやき)」とも言いますが、京都では間違っても「大文字焼きなどと言ってはいけません厳かな宗教行事であること、「山焼き」ではないことを強調するため、京都では「送り火」や「大文字さん」と呼んでいます。

 

和歌山県民には言ってはいけない

和歌山

和歌山県の紀州弁には「ザ行の発音がないといわれており、ダ行とラ行の混同が著しいそうです。例えば、全然を「でんでん」、座布団を「だぶとん」と発音することも。気にしている人も中にはいるはずなので、軽い気持ちで上の一言を言ったら、イラッとするかも。

 

ジモトのココロ編集部
地元応援メディア『ジモトのココロ』は、観光・移住・雇用からグルメ・温泉まで、地元の情報を発信しています。

ついでに読みたい

【続】地元出身者をイラッとさせる、言ってはいけない一言シリーズ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ジモココの最新情報をお届け
 ジモトのココロ・まぐまぐニュース!ほか、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

こちらもオススメ