天気雨をなぜ「狐の嫁入り」と呼ぶのか?その由来を調べてみた

2017.06.27
つがわ_狐の嫁入り行列_沿道

天気が良いのに雨が降ったとき、「あ、狐の嫁入りだ」と昔から言いますよね。では、なぜ天気雨のことを「狐の嫁入り」と呼ぶようになったのでしょうか?その由来を調べてみると、そこには様々な説があるようです。無料メルマガの『安曇野(あづみの)通信』では、由来から全国で行われているイベントまで、詳しく解説しています。

お天気雨と狐の嫁入り

先日、友人と街中を歩いていたら日が照っているのに突然の雨、「おっ、お天気雨」と私。

狐の嫁入りだ」と友人。

そして、彼の住む信州中部は筑北村の旧青柳宿の稲荷社では昔から狐の嫁入り行列が行われていると。

「狐の嫁入り」

実に何年ぶりに聞く懐かしい感じもする言葉だろうお天気雨と狐の嫁入り広く古い伝承・言い伝えであるが、ふと、今の小中学生は知っているだろうかと思った。こうしたことも、家族や大人に教わったこともあるだろうが、こども同志の伝承も多かったと思う。

そして以前には、はてなとも思わなかった、何故お天気雨が狐の嫁入りなのかについてちょっと調べてみようと思った。その前にお天気雨の正体だが、ネットによると、1つにははるか遠いところにある雲から降った雨が上空の強い風によって流されてくる場合、もうひとつは雨を降らせた雲が、雨が地上に到達する前に消えてしまった場合だとのこと。

狐の嫁入り自体は、ウィキペディアによれば、一般には夜の山中や川原などで、無数の狐火が一列に連なって提灯行列のように見えることをいい、狐が婚礼のために提灯を灯(とも)しているといって「狐の嫁入り」と呼ぶ、ということらしい。では何故、お天気雨が狐の嫁入りなのか。これまたネットでいろいろ調べてみた。

昔は、夜に提灯行列などがあると、それは大抵が他の土地からやって来る嫁入りの行列だったいう。でも、昔は近所で嫁入りなどがあると、誰でも事前にその事を知っているので、予定にない提灯行列は、狐が嫁入りの真似をして人を化かしている、と言われていたと。狐火・鬼火は現象的には、今で言う「ヒトダマ」のような現象。

ジモトのココロ編集部
地元応援メディア『ジモトのココロ』は、観光・移住・雇用からグルメ・温泉まで、地元の情報を発信しています。

ついでに読みたい

天気雨をなぜ「狐の嫁入り」と呼ぶのか?その由来を調べてみた
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ジモココの最新情報をお届け
 ジモトのココロ・まぐまぐニュース!ほか、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

こちらもオススメ