全国の駅弁300個を食べ歩いた「駅弁女子」が選ぶ、究極の6選

2017.05.03

焼麦&かしわめし。九州を代表する2つの味
「長崎街道焼麦弁当」(福岡県 博多駅)

長崎街道焼麦弁当(930円/中央軒)

九州一のビッグターミナル博多駅には種類豊富な駅弁が揃うが、秀逸でお得な一折がこれ半分は焼麦がメインのおかずもう半分はかしわめし

焼麦」は中国でシャオマイと呼び、麦(マイ)でできたものを焼(シャオ)いたり、蒸したりする料理を総称だが、この駅弁ではいわゆるシューマイのこと。駅弁業界では東の「崎陽軒」、西の「中央軒」と呼ばれるシューマイの横綱だけあって、とてもおいしい。

また九州では鶏のことを「かしわ」と呼ぶそうで、各地でかしわめしの駅弁を見かける。そのなかでも明治25年創業の中央軒は、大正2年に日本で最初に「かしわめし」を発売した老舗九州を代表する2つの味が一度に楽しめる

博多駅(福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1)
そのほかの購入できる駅:鳥栖駅
長崎街道焼麦弁当

 

なかだ えり
なかだえり/イラストレーター 1974年岩手県出身。現在、東京・千住を拠点に旅や駅弁にまつわるイラストやエッセイを多数執筆。著書の「駅弁女子 日本全国旅して食べて」(淡交社)では、約100点の駅弁を紹介。ほか著書に「大人女子よくばり週末旅手帖」「奇跡の一本松 大津波をのりこえて」など。 www.nakadaeri.com

ついでに読みたい

全国の駅弁300個を食べ歩いた「駅弁女子」が選ぶ、究極の6選
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ジモココの最新情報をお届け
 ジモトのココロ・まぐまぐニュース!ほか、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

こちらもオススメ