全国の駅弁300個を食べ歩いた「駅弁女子」が選ぶ、究極の6選

2017.05.03

山海の幸が詰まったよくばり弁当
「港街にいがた 華やぎ弁当」(新潟県 新潟駅)

華やぎ弁当 (1180円 / 新発田三新軒)

わたしが箱のイラストを描いたからおすすめするのではない、もちろんおいしいからだ。

モチーフの「旧新潟税関庁舎」は、港町新潟を象徴する建物であり、開港当時の姿を今に伝える建物。地元の大工たちが見よう見まねでつくった擬洋風建築は、よく見ると和風の技術が多く用いられている。塔屋とナマコ壁が特徴的だ。

弁当は2つの容器に分かれていて、白いほうが海の幸赤いほうが豚肉と新潟県産のこしひかり。同社の代表的な駅弁のいいとこ取りをした、よくばりなおかずが詰まっている。

えび千両ちらし」のだし入り厚焼き玉子、「柳がれい寿司」の素揚げの柳かれい、「愛の朱鷺I know Toki」のパンプキンサラダなど、品数が多くどれもおいしい。

新潟駅(新潟県新潟市中央区花園1丁目)
湊街にいがた・華やぎ弁当

なかだ えり
なかだえり/イラストレーター 1974年岩手県出身。現在、東京・千住を拠点に旅や駅弁にまつわるイラストやエッセイを多数執筆。著書の「駅弁女子 日本全国旅して食べて」(淡交社)では、約100点の駅弁を紹介。ほか著書に「大人女子よくばり週末旅手帖」「奇跡の一本松 大津波をのりこえて」など。 www.nakadaeri.com

ついでに読みたい

全国の駅弁300個を食べ歩いた「駅弁女子」が選ぶ、究極の6選
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ジモココの最新情報をお届け
 ジモトのココロ・まぐまぐニュース!ほか、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

こちらもオススメ