あの有名企業の発祥地はココだった。自慢したい企業の地元20選

2017.03.22

9 最初は花札から。「任天堂」の発祥地はここ!

800px-NintendoCards

image by: Wikipedia

ニンテンドーDS」などで、いまや世界でも名を馳せる玩具やゲームの開発や販売をおこなう「任天堂」。創業はなんと1889年。はじめは花札やトランプなどのおもちゃを中心にビジネスを展開していましたが、1980年代に発表した家庭ゲーム機「ファミコン」とそのソフトとして発売された「スーパーマリオブラザーズ」が大ヒット。その名を知らしめます。

その任天堂の発祥地は京都府京都市下京区で、創業はなんと1889年。はじめは、花札やトランプなどのおもちゃを中心にビジネスを展開していました。現在も本社は京都府京都市にあります。


 

10  26億冊以上のキャンパスノートを売った「コクヨ」の発祥地はここ!

学研とコラボしたコクヨのルーズリーフ

image by: PR TIMES

文房具といえば、「コクヨ」。1975年より発売されている大学ノートブランド「Campusノート」は昔もいまも日本で愛され続けるノートです。2014年までのCampasuノートの累計販売数はなんと26億冊以上。想像がつきません!
創業者は富山出身の黒田善太郎氏。大阪で「黒田表紙店」を開業したことがはじまり。いまも本社は大阪市東成区にあります。

先日は学研とコラボしたルーズリーフ型の参考書を発表。コクヨのノートに対する探求はまだまだ終わらないようです。


11 愛され続けるお菓子「ブルボン」の発祥地はここ!

 

🐬さん(@yuzupee)がシェアした投稿

 

「ルマンド」、「アルフォート」、「チョコあんぱ〜ん」 などの数々のお菓子を生み続けてきたブルボン

そのブルボンの発祥地は新潟県柏崎市です。同社の全身であった「北日本製菓」がルーツです。創業当時はドロップ、ビスケット、タバコ菓子などのお菓子を生産していました。

創業者の吉田吉造は、関東大震災の際に地方への菓子供給が全面に停止された現状を見て、「地方にも菓子の量産工場を」と決意し、同社を創業したそうです。日本のお菓子産業を担ってきた新潟を代表する企業です。

 

 

12  味噌ブランド「マルコメ」の発祥地はここ!

日本を代表する味噌メーカーの「マルコメ」。1970年以降、CMで登場する丸坊主の男の子、マルコメくんが印象的ですね。創業はなんと1854年というから、老舗の中に老舗企業。発祥は長野県長野市で、現在も本社はここにあります。昨年には、ハリウッド女優のミランダカーをCMに起用したり、ブランドイメージを変えているようです。

 

次は、日本食研やTOTOの発祥地!

ジモトのココロ編集部
地元応援メディア『ジモトのココロ』は、観光・移住・雇用からグルメ・温泉まで、地元の情報を発信しています。

ついでに読みたい

あの有名企業の発祥地はココだった。自慢したい企業の地元20選
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ジモココの最新情報をお届け
 ジモトのココロ・まぐまぐニュース!ほか、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

こちらもオススメ