注文が殺到!水引デザイナーが手がける「水引アート」が話題

2017.01.30
14033474_1091026600945735_752014829_n

お祝儀を贈るときに、一番大切なことってなんだと思いますか? 形式?礼儀?金額?・・・・・・私たちの凝り固まった固定概念を覆すような、そんな祝儀袋に関する「アート」があるのをご存知ですか?

水引アート

みなさん、水引はご存知かと思いますが、どんなイメージをお持ちですか? 恐らく冠婚葬祭の際、「蝶結び」だっけ?「結び切り」だっけ?と、少し戸惑うぐらいで、大して気にも留めない方のほうが多いのではないでしょうか。しかし世の中には、こんな水引があるのをご存知でしたか?

▼ 蓮の花

祝儀袋から立体的に形作る蓮の花。 花弁から無数のおしべまで、精巧に作られています。 水面の波紋を表現した水色の紐も、とてもロマンチックです。

ご祝儀袋屋さん『喜結』 この作品を手掛けたのは、ご祝儀袋屋の『喜結(きむすび)』。

しきたりに囚われず、“お祝いの気持ちを最大限に表す”ことをテーマに、POPでARTISTICなご祝儀袋を作っていらっしゃいます。 ひとつひとつ心を込めて結んだ水引はとても人気で、オーダーが殺到しているのだとか。

▼ サンゴ色の波紋が広がるご祝儀袋

このほかにも喜結さんはさまざまな作品をつくっていらっしゃいます。 とくとご覧ください!

@Heaaart
@Heaaartは、「心(Heart)」に響くコンテンツを掲載するバイラルメディア。【公式サイト】http://heaaart.com

ついでに読みたい

注文が殺到!水引デザイナーが手がける「水引アート」が話題
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ジモココの最新情報をお届け
 ジモトのココロ・まぐまぐニュース!ほか、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

こちらもオススメ