我が街にも「世界一」が。あまり知られていない地元の世界No.1自慢

2016.12.21
i catch

「世界一」という言葉の響きはとてもインパクトがありますよね。日本にも「世界で一番」と言われる場所がいくつかあったんです!身近にあって気付いていないような名所もあるかもしれません。では、早速日本の世界一と言われる名所を紹介していきましょう。

1 その重さ250kg!世界一巨大な金塊がある『土肥金山』(静岡県)

457px-Toi_250kg_gold_bar

image by: Wikimedia Commons

昭和40年に閉山してから、現在は「金のアミューズメントパーク」として人気の観光地となった「土肥金山(といきんざん)」。江戸時代からその”黄金時代”を迎え、佐渡金山に次ぐ生産量を誇る伊豆最大の金山です。金の推定産出量は約40トンともいわれています。ここにはなんと、世界一巨大な金塊が一般公開されているのです。その重さは、なんと250kg。(平成17年7月に200kgから250kgに更新したそうです)

世界一巨大な金塊が一般公開されている「土肥金山」

image by Wikipedia

テーマパーク内の「黄金館」にてお目にかかることができるとのことです。ちなみに、時価12億6475万円とのこと。また、「黄金の泉」では手、指、もしくはお金を浸すと金運を掴むことができる、といわれており、ちまたでは、金運が高まるパワースポットとも言われているそうです。新年に向けて金運アップさせたい方はぜひ拝みに行ってみてください。

800px-Sanjinsha

image by: Wikipedia

屋内での砂金採り体験も人気です。

 

@wellsship100が投稿した写真

採った砂金は小瓶にいれてお土産として持ち帰ることができます。

 

mihamiha_san🍄さん(@mihacoji)が投稿した写真

名物の金粉が乗っかったソフトクリームも人気です。

 

@ask79dampが投稿した写真

金箔入りのカステラや、この他にもまんじゅうやチョコなど金づくしのお土産がたくさん。

 

Hitomiさん(@tommie.83)が投稿した写真

 

2 名古屋市科学館が誇る世界最大のプラネタリウム『Brother Earth』(愛知県)

リニューアル後の名古屋市科学館

image by: Wikipedia

2011年3月のリニューアルオープンによって世界一のプラネタリウムの称号を手に入れたのはこの「Brother Earth」です。名古屋市科学館にあるプラネタリウムドームの名称です。そのドーム内径の大きさが世界一で35mとのこと。

新プラネタリウムの投影機

image by: Wikipedia

「限りなく本物に近い星空」を再現することを目指しているため、その映像クオリティも高く連日たくさんの人が訪れているそうです。その広大な星空をゆったりと見渡してもらえるようにということで、座席は大型のリクライニングシートとなっており、後ろだけでなく左右にも触れるようになっているとのことです。名古屋に行った際には世界最大規模の宇宙を見上げにぜひ訪れてみてください。

ブラザーアースの中の様子。

 

おにぎり山さん(@onigiriyama_)が投稿した写真

 

宇宙に関するイベントなどもあり見所満載です。

 

YUURI OKABEさん(@okyunu)が投稿した写真

 

世界一大きいプラネタリウムを見に外国人観光客も訪れています。

 

Kouichi Soudaさん(@soooochan527)が投稿した写真

 

ついでに読みたい

我が街にも「世界一」が。あまり知られていない地元の世界No.1自慢
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ジモココの最新情報をお届け
 ジモトのココロ・まぐまぐニュース!ほか、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

こちらもオススメ