西洋人が涙した美しさ。幕末の写真家が撮った「明治時代」の着色写真

2016.09.14
2877594896_7333f17a80_o

幕末から明治時代にかけて、国内に限らず海外でも評価された日下部金兵衛(くさかべ きんべえ)と、江南信國(えなみ のぶくに)という2人の写真家をご存知でしょうか。彼らは日本の街の風景や暮らし、人々を撮り続けた知る人ぞ知る写真家です。写真といっても白黒ではなく、「着色写真」という技術を取り入れています。2人が撮った写真を中心に1880年〜90年代の日本の風景を紹介します。

ふたりの写真家が撮った日本各地の風景

山梨出身の日下部金兵衛は、江戸幕府の1863年頃から引退する1912年まで、明治時代を代表する写真家です。駆け出しの頃は、イタリア系イギリス出身の写真家フェリーチェ・ベアトの弟子として横浜で着色技師としての腕を磨き、のちに独立し写真家への道に進みました。外国人の土産写真に売っていた「横浜写真」も有名です。

江戸生まれの江南信國もまた同じく横浜でスタジオ構えた写真家。通称「T・エナミ (T. Enami)」と呼ばれ、アメリカの出版社から写真集を出版するなど、海外で高い評価を得ました。彼の死後に出版された『Odyssey, the Art of Photography at National Geographic』の初版カバーに彼の作品が取り上げれた功績もあります。

どちらの写真家も作風は異なりますが、モノクロ写真に着色技術を施した作品が特徴的です。彼らが見た各都市の風景や女性、人々の暮らしを見ていきましょう。ちなみにここで紹介する写真はすべて1880年〜90年代頃のものです。

120年以上前の東京はこんなに違った

浅草寺

これがあの浅草寺とは! 毎日世界中から大勢の人が訪れるという浅草名物の「浅草寺」。当時は今の時代の賑わいが想像できないほどひっそりとしています。明治時代の人がいまの浅草寺界隈を見たら、どんな風に思うのでしょうか。

image by: 日下部金兵衛 / The New York Public Library

隅田川

小舟で川を渡る人たち。なんだかちょっと優雅。

image by: 日下部金兵衛 /The New York Public Library

堀切菖蒲園

現在でも親しまれている葛飾区の堀切菖蒲園。200種類のハナショウブを中心に、四季折々の様々な種類の花が咲くことで人気です。この頃も地元の人たちのお散歩コースだったんですね。

635px-Kusakabe_Kimbei_-_712_Iris_Garden_at_Horikiri,_Tokio

image by:日下部金兵衛 / Wikimedia

不忍池

上野の有名スポットのひとつ「不忍池」はこんなかんじでした。

image by: 日下部金兵衛 /The New York Public Library

増上寺

港区にある増上寺は1393年に建てらた歴史ある浄土宗の寺院。中でも徳川将軍15代のうち6名が葬られているという「徳川家霊廟」は有名ですが、戦時中に2度の空襲を受けて、そのほとんどの建物が崩壊しています。その戦前の「有章院霊廟」を収めた写真がこちら。

image by: 日下部金兵衛 /The New York Public Library

nypl.digitalcollections.510d47d9-c91b-a3d9-e040-e00a18064a99.001.w

image by: The New York Public Library

東京のメインストリート(銀座)

どこの道なのか詳細はわからないのですが、これがかつての東京の一風景です。

nypl.digitalcollections.510d47d9-c91f-a3d9-e040-e00a18064a99.001.w

image by: 日下部金兵衛 /The New York Public Library

ついでに読みたい

西洋人が涙した美しさ。幕末の写真家が撮った「明治時代」の着色写真
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ジモココの最新情報をお届け
 ジモトのココロ・まぐまぐニュース!ほか、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

こちらもオススメ

1 Comment
  1. DTS

    Fantastic!

Comments are closed.