台湾メーカーのスマホが安く買える。台北の穴場スポット「電気街」へ

2017.12.06
header-1

今号で取り上げるのは電気街。 台湾では世界的に活躍するHTC、ASUSなどの電機メーカーが生まれています。最新型のスマホから、近年日本でも話題になった炊飯器「大同電鍋」まで面白い家電や電化製品が次々と登場しています。そんな今注目の台湾ですが、台湾メーカーのスマホ・タブレットからオーディオやラジコンまで、様々な専門店が集まる、3つの電気街を探検してみましょう。 そして、今なら航空券予約サイト「エアトリ」で12月末までに申し込むと、お得なエアトリポイントがもらえます。年明けはエアトリを使って、台湾旅行へ。

 

台湾行きのご予約はこちらから

 

01 

2015年に『光華商場』の隣にオープンし注目を集めているのが、デジタル機器店からグルメ店までが集う総合商業施設「三創生活園区(SYNTREND)」。忠考新生駅から徒歩圏内とアクセスも良好。地下2階から12階まで様々なお店が集まるが、注目すべきは、『未来生活』がコンセプトの1階と『デジタルトレンド』がコンセプトの2階だ。

01taiwan

HTC、acer、ASUSなど、台湾のブランドメーカーはもちろんこと、海外メーカーまで幅広く扱っている。スマホやパソコンなど、台湾メーカー製品は日本で買うよりも安く買えるので、穴場的スポットだ。購入を考えている人はここに立ち寄ってみて。

02taiwan

日本ではお目にかかれないエイサー製品にも出会えるかも!

03taiwan

日本でも人気の『ASUS』。日本よりも安く買えるのは嬉しい。

 

『三創生活園區Syntrend』 
住所:台湾台北中正區市民大道三段2號

 

台湾行きのご予約はこちらから

 

ジモトのココロ編集部
地元応援メディア『ジモトのココロ』は、観光・移住・雇用からグルメ・温泉まで、地元の情報を発信しています。

ついでに読みたい

台湾メーカーのスマホが安く買える。台北の穴場スポット「電気街」へ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ジモココの最新情報をお届け
 ジモトのココロ・まぐまぐニュース!ほか、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

こちらもオススメ