【台湾シリーズ③】日が暮れるまで、台湾を食べ歩き

2017.11.28
㈫LOCO FOOD 樂口福3

第3弾となる今回のテーマは「朝から日が暮れるまで台湾を食べ歩き」で、とっておきのスポットをおすすめしています。男性の一人旅でも、カップルでも楽しめること間違いなし!記事を読んでいるうちにお腹が空いてくるかもしれません。
今ならお得なポイントがもらえる、航空券予約サイトの「エアトリ」使って、年末年始の台湾旅行へ行ってみませんか?

台湾行きのご予約はこちらから

 

 

 

01

朝からしっかり食べる習慣のある台湾では、朝食のバラエティも多種多様。その中でも、豆乳やお粥など、地元の人にずっと愛され続けてきた、定番モーニングのお店をご紹介します。朝からがっつり食べたい男性にオススメ!

 

▶ オシャレな玉子巻きクレープ。『LoCo Food 樂口福』

㈫LOCO FOOD 樂口福2

スキレットに乗ったSNS映えばっちりのこの「蛋餅(タンビン)」、クレープ生地で卵を包み焼いたもので、台湾の定番朝ごはんのひとつです。カリッカリの生地とふわふわ卵のハーモニーで、朝から贅沢な気分に浸れちゃいます!

なんだかオシャレ。

 

LoCo Food 樂口福/台北市中山區南京東路三段89巷5-4號

 

 

▶ 朝は健康にも良い豆乳で!『阜杭豆漿』

㈰阜杭豆漿2

台湾のモーニングなら、このお店は絶対外せないっ! 

平日朝から大行列ができる人気店。人気の『鹹豆漿(しょっぱい豆乳)』は、とっても濃厚なのに臭みゼロ。もともと豆乳嫌いだった私でもペロリといける魔法の一品です。

いつも行列ができるほどの人気店!

 

㈰阜杭豆漿 外観2

 

阜杭豆漿/台北市中正區忠孝東路一段108號2F-28

 

 

▶ カリっと、サクッと。『周記肉粥店』

㈪周記肉粥店4

看板メニューの肉粥はニンニクの効いた肉入り雑炊といった感じで、朝だけじゃなく、お昼にガッツリ食べたいときにもぴったり。おかずを頼むとお粥がセットでついてくる仕組みです。カリサクの紅焼肉はガッツリ食べたい男性におすすめです。

㈪周記肉粥店 外観2

 

周記肉粥店/台北市万華區廣州街104號

 

台湾行きのご予約はこちらから

 

ジモトのココロ編集部
地元応援メディア『ジモトのココロ』は、観光・移住・雇用からグルメ・温泉まで、地元の情報を発信しています。

ついでに読みたい

【台湾シリーズ③】日が暮れるまで、台湾を食べ歩き
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ジモココの最新情報をお届け
 ジモトのココロ・まぐまぐニュース!ほか、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

こちらもオススメ