【海外の町おこし】街中をハッピーにするフランスのトリックアート

2017.07.25
20170725_france

「眼を騙す」を意味するフランス語が語源の「トロンプ・ルイユ(Trompe-l’œil)」とは、騙し絵のことで、昔から芸術分野で用いられてきた手法と技法のこと。現在ではトリックアートとも呼ばれています。例えば、そこに存在しない窓や人物、風景など描き、あたかも存在するように見かける絵のことを言います。いま、フランス人アーティストPatrick Commecyさんが手がけたトリックアートが話題になっています。思わず騙される、ドキッとさせるハイパーリアルな絵が、町中を活気づかせています。

ルネッサンス時代を再現?

絵が描かれる前と比べると、街の雰囲気も全然違いますね。ここの一角だけ、たちまち活気づいた雰囲気がでています。タイトル通りにここはルネッサンス時代なのでしょうか。中には現代風の格好をした旅行者も混じっています。中世と現代の共存でしょうか。石階段を駆け上がっていけそうな気になりますね。

1

2

 


自由に遊ぶ子供たち 

子供たちが遊んでいる様子が描かれていますが、飛び出して見えますね。思わず騙される、躍動感がありすぎる作品です。

2

 

フランスの俳優が集結 

アパルトマンのバルコニーからは様々な人間模様が描かれています。階下にはよく見てみると、フランスを代表する大物たちが優雅にカフェでくつろいじゃっています。

ジョゼ・ガルシア、マリオン・コティヤール、クロヴィス・コルニアックなどの姿も。


123

 

1234

 

ジモトのココロ編集部
地元応援メディア『ジモトのココロ』は、観光・移住・雇用からグルメ・温泉まで、地元の情報を発信しています。

ついでに読みたい

【海外の町おこし】街中をハッピーにするフランスのトリックアート
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ジモココの最新情報をお届け
 ジモトのココロ・まぐまぐニュース!ほか、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

こちらもオススメ