青森の高校生が考案。こけしとチェスのコラボ「こけス」が話題

2016.12.19
12809660_184014238645605_2104243544129152298_n

みなさんは、青森県の高校生が考案した、『こけス』をご存知ですか?

こけスって、何?

こけスとは、
駒は「こけし」、ルールは「チェス」
という、斬新なアイデアを実現させた商品です。

細部まで丁寧に描かれた”こけし”の顔がかわいい!

黒石商業高等学校の生徒が考案したこの商品は、各メディアで報じられるなど、話題を呼んでいます。

黒石市のこけし工人、北山さんが1体1体手作業でつくり上げた駒。
(機械によって削りだされた木材を使用した、普及版もあります。)

ボードゲームとして楽しめながら、津軽系伝統こけしとして趣もある”こけス”。

約7㎝ほどの小さな兵士たちは、大きく赤と緑に分けられます。

@Heaaart
@Heaaartは、「心(Heart)」に響くコンテンツを掲載するバイラルメディア。【公式サイト】http://heaaart.com

ついでに読みたい

青森の高校生が考案。こけしとチェスのコラボ「こけス」が話題
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ジモココの最新情報をお届け

こちらもオススメ