今こそ年貢の納め時。茅葺古民家を「村民」が守るシェアビレッジ町村

2015.12.05
15G141283_03_880x660

村があるから村民がいるのではなく、村民がいるから村ができるーー思わずハッとさせられてしまったこの一言は、地図にはのらない秋田県のとある村の村長によるもの。これまでの「村」の概念を覆す発想で始動した、村と古民家の再生プロジェクト「 シェアビレッジ 町村」とは一体どういうものなのでしょうか?

帰る場所がないなら、みんなで作ればいいじゃない

今こそ年貢の納め時。茅葺古民家を「村民」が守る シェアビレッジ 町村

シェアビレッジ町村のある秋田県五城目町の風景

東京での生活につかれた秋田県出身の現村長・武田昌大さんがシェアビレッジ町村を立ち上げたのは2015年4月。

「田舎でゆっくりしたい」「でもどこにいっていいかわからない」「そもそも帰る田舎がない」という問題に、「それなら自分の村を作ってしまおう!」と思い立ったのが始まりとのこと。

今こそ年貢の納め時。茅葺古民家を「村民」が守る シェアビレッジ 町村

村長・武田昌大さん

さらに武田さんは、人口減少の影響もあり消滅の危機にある古民家に着目。古民家が失われつつあるのは、住む人と維持する費用がないからだと考えました。そして考えついたのが、「古民家を村に見立てて村民に維持費を払ってもらうことで、ひとつの大きな古民家を複数人で維持していく」というものでした。

今こそ年貢の納め時。茅葺古民家を「村民」が守る シェアビレッジ 町村

こうして、村という古民家を複数の村民という出資者で保全するプロジェクトがたちあがり、クラウドファンディングを利用して「シェアビレッジ町村」が誕生しました。「シェアビレッジ町村」は古民家を保全するというだけでなく、これまで関わりのなかった複数人の村民でこの場所を守っていくことで、新しい発想とクリエイティブな環境が生まれます。

次ページ:そろそろ年貢の納め時?

まつこ
おんせん県(大分県)生まれ。 好きな大分料理は「吉野鶏めし」、もちろん冷蔵庫に「かぼす胡椒」は欠かせない。現在は、持ち前の酒飲み女っぷりを発揮し、東京の飲み屋をさまよう日々。

ついでに読みたい

今こそ年貢の納め時。茅葺古民家を「村民」が守るシェアビレッジ町村
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ジモココの最新情報をお届け
 ジモトのココロ・まぐまぐニュース!ほか、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

こちらもオススメ

2 Comments
  1. 臼井善隆

    懐かしい古き日本の田舎の風景。瑞穂の国のこういう家や田園が無くならないようにしようではないか。

  2. 渡辺宏治

    写真を見ると若い方ばかりで元気があっていいですね。こういう若い人と過疎村落を結びつける企画、いいと思います。また、どんどん増えるといい。
    面白いことをすれば人は来る。面白いことたくさん増やそうよ。そして、日本を面白くしよう。

Comments are closed.