構想5年、誰もが秋田美人になれるかもしれない!?ご当地カレー誕生

2016.02.16
UMAMY_hinaijidori_solt_original

みなさんは秋田県と聞いて何を思い浮かべますか? 強面のなまはげ? 冬にあったかきりたんぽ鍋? 神に魚と書いて鰰(はたはた)と読む秋田グルメの県魚やのどこしツルッツルの稲庭うどん…等々いろいろとありますが、やっぱり何はさておき秋田美人の存在を忘れるわけにはいきません。

秋田美人なくして秋田は語れない

構想5年、誰もが秋田美人になれるかもしれない!?ご当地カレー誕生

秋田湯沢 絵どうろうまつり/秋田県観光連盟

秋田美人といえば、色白でもち肌、パッチリとした大きな目。有名人で言えば壇蜜さん佐々木希さんなどの名前があがります。どんなに美酒や美食の数々を尽くしても、秋田県を語るにはこの秋田美人にはかなうものはありません。一説によると、世界三大美女のひとりとして名高いあの小野小町も秋田の生まれだとか。古(いにしえ)の時代から秋田県と美人は実に密接な関係にあったことがわかりますね。

構想5年、誰もが秋田美人になれるかもしれない!?ご当地カレー誕生

そんな秋田のキラーコンテンツである秋田美人が、なんとカレーになって登場しました。その名もズバリ「秋田美人カレー」。秋田の素材の旨味をぎゅっとカレーにプラスしたこの「秋田美人カレー」は、美人になりたいと願う世の中の女子たちが食すのか、美人大好き♪と鼻の下を伸ばす男性陣が食すのかはよくわかりませんが、とにかくインパクトという点においてその右に出るものはありません。

構想5年、誰もが秋田美人になれるかもしれない!?ご当地カレー誕生

パッケージに描かれたインド装束に身を包み、たおやかに微笑む秋田美人のイラストが味わい深く、手に取るだけでグッと胸が高鳴ります。ネーミング勝ちといっても過言ではなく、完璧に勝ってる感いっぱいのこちらのカレーは、実は「おいしい秋田をギュッとひとさじ」をコンセプトとするUMAMY(ウマミー)ブランドのオリジナル商品。秋田県ではすでに知られた存在であり、秋田から全国へじわじわと浸透を狙うUMAMYが構想から5年の歳月をかけようやく2015年末発売した渾身の自信作なのです。

構想5年、誰もが秋田美人になれるかもしれない!?ご当地カレー誕生

さて、気になる商品ラインナップは、秋田の旨味がつまったスパイシーな「比内地鶏の秋田美人カレー」と、美肌の元ともいわれるコラーゲンたっぷりの「牛スジと甘酒の秋田美人カレー」の2種類。それぞれ赤と黄色のパッケージには秋田美人のつぶやきコピーが印刷され、「食べればアナタも秋田美人♥」「コラーゲンたっぷり♥ 殿方にもオススメですよ。」と、ここにも心憎い演出。基本的にはじっくり煮込んだデミグラベースの洋風タイプのカレーで、レトルトながらカレー好きの期待に応えるだけのクオリティが自慢です。素材の旨味にこだわりの香辛料を効かせたカレーはクセになる美味しさ! 

構想5年、誰もが秋田美人になれるかもしれない!?ご当地カレー誕生

比内とりの市/秋田観光連盟

「秋田美人カレーでは滋味豊かな比内地鶏を一度焼き、焦げ目をつけてから投入しています。そうすることによって、比内地鶏の歯ごたえや旨味をギュッと閉じ込めることができるんですね。せっかくの比内地鶏ですから、肉は肉で、カレーはカレーで、そのよさをじゅうぶんに楽しんで欲しいと思っています」と話すのは、商品開発を担当したノリット・ジャポン株式会社の佐々木真哉さん。

構想5年、誰もが秋田美人になれるかもしれない!?ご当地カレー誕生

また、黄色いパッケージの「牛スジと甘酒の秋田カレー」には、最近県内で大注目の秋田県オリジナル麹「あめこうじ」を使った甘酒を使用。辛さの中に見事なコクを引き出しています。カレーと牛スジと甘酒という組み合わせが新鮮ですね。何度も何度もレシピの研究を重ね、やれ辛すぎるだの甘すぎるだの試作と試食を繰り返し、長い時間をかけて試行錯誤の末ようやく完成した納得の味なのです。

構想5年、誰もが秋田美人になれるかもしれない!?ご当地カレー誕生

秋田市内で唯一の本格的チーズ工房「雄和トールケーゼ」の活動休止を受け、その事業を継続し受け継ぐ形でスタートした「UMAMY FACTORY 」

実はUMAMYシリーズをリリースしているノリット・ジャポン株式会社は昨年、秋田空港近くの雄和地域に自社工場「UMAMY FACTORY」をオープン。これによりレトルト食品の開発もできるようになり、念願の「秋田美人カレー」商品化が実現したわけです。自社工場ができたことでスタッフの方々のテンションもさらにアップ。今後はチーズ作りやソフトクリーム販売をはじめどんどん新たな秋田名物を世に送り出していきたいとのこと。やりたいことや思い描く夢が大きく広がるばかりというのは、なんとも羨ましい限りです。

そんなUMAMYの動きにはこれからますます目が離せませんが、まずは秋田美人に思いを馳せて「秋田美人カレー」を食してみてはいかがでしょう。これで私も秋田美人になれるかも? なんていう妄想こそが美人を育むのかもしれませんし、あの秋田美人が作ってくれたカレーと思って食べるのも一興です。秋田美人には縁がないという男性の方々にとっては思わぬ癒しのカレー時間が過ごせること請け合いです。

それにしても、美人っていうだけでいくらでも妄想パターンが湧いてくるから不思議ですね。今も昔も人々のイマジネーションを掻き立てるのが美人ですが、お腹までいっぱいにしてくれるのが秋田美人。秋田美人恐るべし、なのです。ちなみに、私は「秋田美人カレー」にはやっぱりふっくらと炊き上がったあきたこまちがオススメだと思います。

UMAMY

比内地鶏の秋田美人カレー
牛スジと甘酒の秋田美人カレー
公式サイト: https://www.umamy.jp/

>>この記事が掲載された「ジモトのココロメルマガ02/17号」その他の記事を読む

小林繭
東京生まれ、湘南生息中のフリー編集ライター。沖縄、ハワイ、島、旅モノやロハスネタを発信中。All About沖縄ガイド。目下、踊れる編集ライター目指し趣味のフラメンコに取り組む日々。

ついでに読みたい

構想5年、誰もが秋田美人になれるかもしれない!?ご当地カレー誕生
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ジモココの最新情報をお届け

こちらもオススメ