日本統治時代に建てられた台湾のノスタルジックな温泉『瀧乃湯』

2017.12.23
④瀧乃湯外観2

こんにちは、ジモココ編集部です。今回ジモココ編集部では台北の温泉スポットを紹介します。台湾の温泉地の中でも交通の便利が良く、地元の人たちも親しまれている温泉地が「北投(べいとう)」です。日本とは少し趣が違う台湾の温泉スポットに行ってみませんか?本記事では「瀧乃湯」ついて紹介しています。

 

老舗の公衆浴場『瀧乃湯』

④瀧乃湯外観1

 

1907年開業、『北投』でも随一の歴史を持つ温泉。台湾の温泉では最古と言われている瀧乃湯。水着着用が義務付けられている台湾の公衆浴場ですが、ここは裸で入浴できる貴重な温泉スポット。

『北投石』は瀧乃湯の目の前を流れる川で発見されたと言われています。

もともとかなりローカル感あふれる建物でかなり老築化していましたが、2017年に大幅に改装しました。

④瀧乃湯外観2

 

リニューアルしてキレイに!

 

④瀧乃湯内観1

更衣室がきれいになり、観光客でも入りやすくなりました。湯温は高めで、体の芯までポカポカになれる、そんな温泉です。

 

 

arai0903さん(@arai0903)がシェアした投稿

 

 

 

住所: 台北市北投區光明路244號
値段:入浴料150元/タオル120元

 

台湾の温泉地、一度訪れてみたくなりましよね?

この記事を読んで、台湾へ行きたくなったら、お得な台湾行きツアーのご予約はこちらから!

 

【台湾の関連記事】
台湾最大の温泉郷『北投』へ

水美温泉會館

千禧湯 

 

ジモトのココロ編集部
地元応援メディア『ジモトのココロ』は、観光・移住・雇用からグルメ・温泉まで、地元の情報を発信しています。

ついでに読みたい

日本統治時代に建てられた台湾のノスタルジックな温泉『瀧乃湯』
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ジモココの最新情報をお届け
 ジモトのココロ・まぐまぐニュース!ほか、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

こちらもオススメ