日本で「オリーブ」をカルチャーに成長させた香川県・小豆島の知恵

2017.12.27

オリーブオイルができるところ

オリーブ摘みをした後は「東洋オリーブ」の工場へ。工場の中でオリーブオイルができるところを見学させてもらいました。

DSC_0266

丁寧に手摘みで収穫したオリーブは、フレッシュなうちに工場に運ばれ、日本最大の採油機で化学処理を行わずに採油します。工場では、自社製品にこだわり、精製加工から瓶詰まで一貫して行っているのだそう。

DSC_0288

オリーブの果実は、傷がついたところから急激に劣化するので摘んだらすぐに搾油し、フレッシュなうちに瓶に詰められていきます。

絞りたてを味見。これぞ工場見学の醍醐味!

絞りたてを味見。これぞ工場見学の醍醐味!

 

さっそく絞りたてのオリーブオイルを味見させていただきました。サッパリした香りとクセのない味わい。そして身体に沁み入るような深みを感じることができました。
なんか、これだけの量を体内に入れただけなのに、メチャクチャ健康になった気がするから不思議。
たぶん、いいものを作ろうという生産者の気持ちや小豆島の自然パワーなどのよい「氣」が集まっているからなのかも。

牡丹餅あんこ
■牡丹餅 あんこ■【フリーライター・編集】 グルメ雑誌・旅行誌・ウェブサイトの取材、執筆、撮影、ディレクション、編集など。 ツイッター(@ankobotamochi) instagram(https://www.instagram.com/anko_botamochi)

ついでに読みたい

日本で「オリーブ」をカルチャーに成長させた香川県・小豆島の知恵
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ジモココの最新情報をお届け
 ジモトのココロ・まぐまぐニュース!ほか、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

こちらもオススメ