一体これは何なんだ!幻の果物「ポポー」は脳もやられる激あま味

2015.11.20
ポルポル

以前「まだ『ポポー』を知らないの?愛媛発・幻の果物の生産現場を直撃」記事でご紹介した、愛媛県大洲市で栽培されている幻の果物「ポポー」もう収穫の時季は過ぎたというのに、ママチャリに乗って日本一周にチャレンジ中という謎の人物が、わざわざ旅の途中でポポーの味を確かめに行ってくれました。さて、その正体とは…。

幻を食しに、愛媛県大洲市へ

幻の果実、ポポーを探しに愛媛県大洲市へやってきた。幻と言われるそのワケは、同市長浜町の櫛生(くしゅう)周辺やその他ごく一部の地域でしか栽培されていないかららしい。さらに、皮が薄いため輸送が難しく、市場にほとんど出回らないため、海岸沿いの産直所でしか手に入らないという。そんなわけで幻の果実と言われているのだ。

その糖度は20以上と高く、通称『森のカスタード』とも言われている。11月に入り、収穫の時季は終わっているとも知らず、ポポーという未知の果実にウキウキしながらママチャリを漕いで櫛生の産直所「きさい」へと向かった。

にこやかすぎる店員と出会う

一体これは何なんだ!幻の果物「 ポポー 」は脳もやられる激あま 味

山にこもっていたわけではないのだが、5日ぶりに山から町へと下り、長浜町櫛生の産直所「きさい」に無事到着。ママチャリを入り口の前に止め、思い切って店の中に入って声をかける。しかし、店の中に人は見当たらない。店員が何処にいるのか分からない。

一体これは何なんだ!幻の果物「 ポポー 」は脳もやられる激あま 味

「あのー、すみません。誰かいますか?」

そう、何度も叫んでいると、奥から店員らしき人影が現れた。

「はいはい。どうぞどうぞ。まぁー、面白い人やねー」

にこやかな笑顔の店員さんが現れた。

「あのーすみません。表のママチャリ邪魔ですか?」

「あー大丈夫大丈夫。すごい顔やねー」

笑顔を崩さない店員。

「もしかして、ポポーの収穫終わりました?」

「ははは。終わったけど、冷凍のが売っとるよ。面白いねー、ははは」

まだ笑顔を崩さない。

「すみません。じゃあ、冷凍ポポーは、まだありますか?」

店員に聞くと、冷凍ポポーのある場所へと案内された。

11月は、ポポーを「冷凍ポポー」や「ポポーアイス」「ポポー煎餅」という商品にして売っているそうだ。全ての商品を、それぞれ1つずつ購入することにした。

そして、近くの公園へ移動。1人で「ポポーピクニック」を楽しむことにした。

次ページ:「あっま!!」謎の人物も思わず叫んだその味は

大魔王ポルポル
日本一周の旅をしている大魔王ポルポルである。旅の裏側、隠れた小話など話したいことは盛り沢山!! だがしかし! タダで公開はできない。メールマガジンで日本のいろいろなことを掲載するのだ。メルマガに記載のアドレスに悩みや質問を送ってくれればメルマガで公開回答するぞ! ガッハッハッハ!!

ついでに読みたい

一体これは何なんだ!幻の果物「ポポー」は脳もやられる激あま味
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ジモココの最新情報をお届け
 ジモトのココロ・まぐまぐニュース!ほか、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

こちらもオススメ

3 Comments
  1. デコポン

    他で食べられないって聞くと余計に食べたくなる。東予と今治は行ったことあるけどポポー食べに大洲市いってみよっかなー。この面白い顔の人はいないだろうけどw

  2. エミリ

    京都の実家の庭に祖父が植えたポポーの木があり、毎年初夏に実がなります。昔はどこの家にもポポーの木があり、戦前戦中は栄養価のある果物としてよく食べられていたと聞きました。ちょっとバターのようなまったり味、最近幻のフルーツとして話題になってると聞き驚きました。

Comments are closed.