こんなフードコート見たことない!沖縄のアメリカ人御用達スポットに注目

2015.08.26
Breeze Café Sea GlassBreeze Café Sea Glass

ここ数年、沖縄がとってもオモシロイことになっています。那覇を離れた様々なエリアに次々と個性あふれる新しいお店がオープンし、自分たちのコンセプトを持って沖縄の新しい流れを作りだしています。

 

米軍基地のアメリカ人御用達!おしゃれすぎるフードコートが沖縄に。

Breeze Café Sea Glass

そんな沖縄で今一番行くべきなのが、砂辺の宮城海岸にあるBreeze Café Sea Glass。嘉手納基地に隣接するこのエリアには米軍住宅が多く、どことなくアメリカの西海岸を思わせる雰囲気が漂います。

周辺はダイビングスポットとして知られますが、実はサーフスポットでもあり、さしずめ宮城海岸は沖縄の湘南とでもいったイメージ。海岸沿いにおしゃれなカフェが点在するので、ジモトの人々にとってはデートスポットでもあります。

Breeze Café Sea Glass

オープン以来、じわじわと人気を集める「Breeze Café Sea Glass」は、ちょっと変わったスタイルのお店です。一見普通のカフェに見えますが、実はここはフードコート。フードコートというとショッピングモールによくあるチェーンの飲食店が集まるスペースというイメージですが、「Breeze Café Sea Glass」でいただけるのは、そんなイメージを一新する本格的に美味しいを追求するメニューの数々。

現在、テナントは4店舗。宜野湾に本店がある天然酵母ベーグルで有名な「CACTUS」、那覇で人気のミニドーナツショップ「BALL DONUT PARK」、素材にこだわった県産ハーブのオーガニックチキンを丸焼きにしてサーブする「Chicken House」、そして店名でもあるシェイクやスムージー等のオリジナルドリンクを販売する「Breeze Café Sea Glass」の4つの異なるショップがこのスペースに集まっているのです。もともとは2014年に「CCSS」としてオープンしていたものが、今年7月にリニューアルし、店名も「Breeze Café Sea Glass」へと改めました。

Breeze Café Sea Glass

朝8時からオープンしているということで、「CCSS」時代から朝食を目当てに訪れる人も少なくありません。人気のベーグルは午前中の早い時間に売り切れてしまうことも珍しくないとか。

Breeze Café Sea Glass

また、米軍基地に近いことから、アメリカ人ウケするヘルシーでボリューミーなアメリカンメニューも揃います。フードコートというカジュアルさも人気の理由で、コーヒー片手に長居を決め込む人もいれば、さっとテイクアウト用のサンドウィッチをオーダーする人も。また、嘉手納基地で働く兵士さんたちがランチに立ち寄る姿もよく見かけます。最近は観光客の姿もちらほらと増えてきたそう。

朝ご飯に美味しいコーヒーとベーグルサンドを求めて砂辺までドライブというのもいいし、To Go Boxにチキンを入れてビーチでランチタイムという手もあり。カフェとして利用して、なんとなく沖縄の住人になったような気分を味わうのもいいかもしれません。

Breeze Café Sea Glass

近所にこんなに美味しくておしゃれなフードコートがあったら、きっと毎日でも通いたくなってしまうと思います。今までの概念を覆す新しいタイプのフードコートは、時代の新しいトレンドとなるかもしれません。沖縄発フードコート最新事情を覗きに「Breeze Café Sea Glass」へ急げ!

>>ジモココシェアランキング2015その他の記事を読む

Breeze Café Sea Glass

住所:沖縄県中頭郡北谷町宮城2丁目46番地

電話番号:098-936-2123

営業時間:8:00~16:00(15:30からはお持ち帰りのみ)

定休日:毎週水曜日 ※台風時などクローズのため要確認

小林繭
東京生まれ、湘南生息中のフリー編集ライター。沖縄、ハワイ、島、旅モノやロハスネタを発信中。All About沖縄ガイド。目下、踊れる編集ライター目指し趣味のフラメンコに取り組む日々。

ついでに読みたい

こんなフードコート見たことない!沖縄のアメリカ人御用達スポットに注目
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ジモココの最新情報をお届け

こちらもオススメ