レトロで行こう。長崎を走る「路面電車」で丸1日ノスタルジック

2017.12.20
trip

今もなおレトロな雰囲を残す長崎の街。その象徴とも言えるのが、市内を走る「チンチン電車」こと「路面電車」たちです。日本一安い電車としても有名な長崎の路面電車は今なお、市民の足として愛され続けています。今回は、そんな路面電車で行ける長崎の名所を案内します。長崎に訪れたらぜひ路面電車を利用してみてくださいね。

 

長崎市民の足、路面電車で市内観光を遊び尽くそう。

長崎市内には通称「チンチン電車」と呼ばれる「路面電車」が、庶民の足として今もなお高い支持を得ています。 

移動中の「ガタン、ガタン」と心地の良いレール音が身体に伝わり、出発合図や停車ボタンで「チーン」と車内に響くベル音は、乗っているだけでノスタルジックな雰囲気を味わえます。そんな長崎の路面電車に関する小ネタや観光客に便利でお得な情報を、今回はご紹介したいと思います。

 dav

 

オールド長崎市民なら分かる?路面電車の両替用の薬袋。

現在の路面電車の車内には自動両替機が導入されていますが、私の幼少時代の路面電車は、運転手に「両替して下さい!」と現金を手渡して両替をお願い。運転手から渡される両替は「粉薬が入っている薄手の紙」に、硬貨が袋詰されていました。

 500円玉を渡すと両替用の紙袋に「100円5枚」が入っていて、渡された紙袋をビリッと破いて運賃を準備。幼少時代は紙袋を破くのが何となく楽しみでした。

 

長崎の路面電車が持つ日本一の記録とは?

長崎の路面電車は日本一の記録を持っています。それは日本一安い乗車運賃。

2017年時点での運賃は大人一名120円、子供一名60円。乳児は無料、小学校入学前の幼児単独乗車は一人分の子供料金が発生しますが、大人同伴ですと無料など、子供と移動の多い家族には嬉しい価格帯となっています。また均一制の運賃体系なので何処まで乗っても運賃が変わらないのも魅力の一つです。

安い運賃を持続させるのは、企業努力が積み重なってこそ。様々なアイデア、知恵を絞って日々の運営に当たられているのだと思います。

 

 

乗車は混み合います。後ろから前からどうぞ。

路面電車を下車する場合、前方にある運転手横の「ドア」から降りるのですが、全ての乗客の下車が終わると前方の「ドア」からも乗車が可能です。長崎市民はごく当たり前に、ぞろぞろと前から乗り込みますが、旅行客は乗車していいのか分からず少し及び腰。

運転手も早く出発したいのと、乗客が後方の乗車口で溜まって混み合うと、次の停車駅で乗客を載せにくいため、運転手によっては「詰めてくださいー。前からも乗って下さーい」とアナウンスする事も。整理券要らずの均一運賃120円だから出来る芸当です。

sdr

 

観光客なら知っておきたい「築町電停」の「のりつぎ券」

市内観光の出発点となる長崎駅から「大浦天主堂」や「グラバー園」に向かうには、1号系統正覚寺下に乗り込み「築町電停」で、5号系統石橋に「乗り継ぎ」が必要です。

乗り継ぎ乗客は下車の際に運転手に「乗り継ぎます」と伝えると、運転手から「電車のりつぎ券」が貰えます。「のりつぎ券」が無く5号系統に乗ると別途120円の運賃が必要となりますが、「のりつぎ券」を持っていれば、乗り継ぎしても追加運賃は不要です。

ただし!裏面に書かれている通り、こんな利用はご法度です。

 

(イ)用意(買い物・観光・食事など)を済ませたあと
(ロ)日付、行き先の異なるとき
(ハ)築町停留場以外から乗車されたとき

あくまでこのチケットは「のりつぎ券」直ぐ様、向かいの停留場へ向かって乗り継ぎをしましょう。悪用してはいけません。しかし、イロハで書かれた注意事項。嗚呼、何故かノスタルジーな感じです。

sdr

cof

 

 

お得感がハンパない!長崎観光のお供に「電車一日乗車券」がオススメ

長崎市内の観光スポットを回るには、やはり市内を縦横無尽に走る路面電車がオススメ。

運賃がリーズナブルな路面電車ですが、乗車の度に小銭を準備するのは何かと不便で面倒くさい。

そんな時は「電車一日乗車券」を購入してみるのはどうでしょうか?

「電車一日乗車券」は大人1枚500円(子供1枚250円)で、一日中乗り降り自由です。

cof

 

販売所は観光客が立ち寄り易い長崎駅周辺であれば、長崎駅JR駅のみどりの窓口、駅ビル「アミュプラザ」1階インフォメーション、ホテルニュー長崎1階のJTB長崎支店、駅向かいにあるアパホテル、アパホテル横「県営バスターミナル」2階の長崎県物産館などで購入が可能です。

sdr

cof

「電車一日乗車券」を買いに行くのが面倒!そんな方には「モバイル一日乗車券」も。

「App Store」または「Google Play」からダウンロードして利用が可能です。

旅行客にぜひ使って欲しい「一日乗車券」なのですが、「一日乗車券」に載っている広告をよーく見てみると、「当日現金支払いに限り」という条件付きながら、広告店舗で購入するお土産品や食事代金の5%から10%が割引などの嬉しい特典が付いています。

また「電車一日乗車券」には市内観光マップ付き。どの停留場から観光地へアクセスし易いか案内が明記されています。やはり旅行客に「電車一日乗車券」は、手放せないアイテムなのです。

sdr

今道剛
長崎生まれ長崎育ち。現在長崎と中国上海を往復する生活。 長崎を離れ長崎の魅力を再認識。愛する長崎の現地情報をお届けします。

ついでに読みたい

レトロで行こう。長崎を走る「路面電車」で丸1日ノスタルジック
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ジモココの最新情報をお届け
 ジモトのココロ・まぐまぐニュース!ほか、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

こちらもオススメ