レアすぎるご当地グルメ6連発!古民家で「生食」グルメ晩餐会in小林

2016.03.10
レアすぎるご当地グルメ6連発!古民家で「生食」グルメ晩餐会in小林

まつこ1

あ〜ん。あ…こんにちは、ジモココ編集長・まつこです。

突然ですが、みなさんは「生」好きですか? 生ビールももちろん美味しいですが、「生食もの」に目がないという方も多いのでは? 2012年に牛レバ刺しが禁止され、豚レバ刺しもそれに続き、苦し紛れにマンナンレバー(コンニャクでつくったレバ刺し風の食べ物)」に手を出したのは、きっと私だけではないはず。

酒が恋しい「生」を探して小林市へやってきた

自然1

そんな私が新たな「生」を求めてやってきたのは宮崎県小林市。宮崎県の特産と言えば「マンゴー」など南国フルーツを思い浮かべますが、生駒高原の麓に位置する小林市は、和牛日本一を獲得した「宮崎牛」の生産地として県内トップクラス。また霧島連山から希少ミネラルが豊富な軟硬水が湧き出る名水地でもあります。

そんな山の自然の恩恵を受けた小林市では、都内ではなかなか出回らない珍しい「生」がたくさんいただけるんだとか。しかも近所のスーパーマーケットでも。そんなワケ…と思い、小林駅からほど近いスーパーを訪れると…

20160223_185937

あった…。鶏ささみ刺しはまだしも、砂肝刺しなんて飲み屋でもお目にかかれないのに、スーパーで358円(取材時)。

20160223_190121

さらには泥臭い魚として一般に食べる地域は少ない「鯉」が洗い(流水で流した刺し身)でパック詰めされて399円(取材時)。

小林の地ならきっと、最高の「生」に出会えるはず。確信を深めた私が向かったのは、小林市須木地域にある茅葺き古民家「古民家かるかや」です。

かるかや外観1

日本昔話に出てきそうな懐かしい雰囲気の古民家で、小林市ならではの美味しい「生」を味わいにやってきました。

スクリーンショット 2016-02-25 11.01.31

茅葺きの古民家以外、周りには何もありません

実は今回、小林市役所の方々にお願いして市内からありとあらゆる最高の「生」を集めてきていただき、古民家大宴会を開催することに。なんだかおエラい方も参加されているそうですが、まずはさておき「生食だらけのご当地グルメ晩餐会」を始めましょう。まずは「生」ビールで乾杯!

次ページ:宮崎と言えば地頭鶏から!

 


まつこ
おんせん県(大分県)生まれ。 好きな大分料理は「吉野鶏めし」、もちろん冷蔵庫に「かぼす胡椒」は欠かせない。現在は、持ち前の酒飲み女っぷりを発揮し、東京の飲み屋をさまよう日々。

ついでに読みたい

レアすぎるご当地グルメ6連発!古民家で「生食」グルメ晩餐会in小林
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ジモココの最新情報をお届け
 ジモトのココロ・まぐまぐニュース!ほか、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

こちらもオススメ