思わず2度見。フランス人による小林市の移住動画に誰もがだまされる

2015.09.01
小林市「移住促進PRムービー“ンダモシタン小林"」

まずはこの一本の動画を見てみてください。宮崎県小林市に長く住むフランス人が、レトロシネマ風の美しい映像の中で市内の自然や食を紹介しています。一見すると、キレイで完成されたショートムービーのようにしか見えません。

外国人ならではの視点で、クスッと笑えてチョット不思議な小林市「あるある」を展開しているんですが、最後にまさかの裏切り展開が待ち受けていようとは…。

フランス語じゃないの!? 実は訛りが強すぎる西諸弁語りだった

動画を最後まで見た方は、わかりましたか?  フランス人があたかもフランス語で語っているように聞こえていた言葉は、なんと九州宮崎の一部で話される方言「西諸弁」

小林市てなんどプロジェクト

何度聞き返しても外国語にしか聞こえないという方は、youtubeの設定ボタン(右下)で「字幕」をオンにしてもう一度見てみてください。

凝りに凝ったこの動画は、宮崎県小林市の「てなんど小林プロジェクト」の一環で、移住促進をテーマとしたシティ・プロモーションムービーとして制作されたもの。

制作のきっかけは「西諸弁の訛りが激しく、外国の言葉のように聞こえる」と昔から言わわれていたこと。そこに面白さを見出し、実際にフランス人ナレーターに方言を読んでもらったところ、見事にフランス語っぽくなってしまったんだとか。

小林市出身の東京在住のクリエイティブディレクターを中心に制作されたのですが、あまりに訛りすぎているため、東京にいる制作スタッフが全く解読できず、市役所職員が総出で文章を構成。フランス語と西諸弁が飛び交う中、バレそうでバレない完成度高すぎの方言ムービー「移住促進PRムービー“ンダモシタン小林”」が完成したそうです。

次ページ:内容に裏切りなし!小林市の5つの魅力はホンモノ

ついでに読みたい

思わず2度見。フランス人による小林市の移住動画に誰もがだまされる
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ジモココの最新情報をお届け

こちらもオススメ

2 Comments
  1. from New York

    宮崎いいところですよね。心も体も自然治癒されます、帰省する度に。色んな可能性がある所ですよね。

  2. 中村絹江

    このたびの熊本地震で、熊本から約90キロ離れた宮崎県高千穂町でも震度5の揺れに見舞われました。あまり報道されていませんが、高千穂町も大きな被害を受けました。町内随所で落石があり、熊本からの道路も交通規制され、観光に大きな影響を受けています。
     高千穂町に応援の手を!

Comments are closed.