時代は「デザイナーズ銭湯」。460円で楽しめる都内の豪華な銭湯5選

2016.07.06
11111

銭湯というと、古く年季の入った施設を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか? そんなイメージを一新するような新しいタイプの銭湯がここ数年登場しています。その名も「デザイナーズ銭湯」。どこかの旅館にある温泉と見間違うほどのスタイリッシュさ!これまでの「銭湯」のイメージを360度覆すこと請け合い!

モダンでスタイリッシュ。これがいまどきの銭湯

今回は東京都内にある「デザイナーズ 銭湯」を5つピックアップしました。これ全部、銭湯だって、信じられますか?しかもここで紹介した銭湯すべて入場料金460円で楽しめちゃうんですよ。

文化浴泉(池尻大橋)

 

Masato Kizakiさん(@mas10mas10)が投稿した写真

昭和3年から営業しているという「文化浴泉」。

長い歴史のある銭湯ですが、2011年頃にリニューアルしてデイザナーズ銭湯の仲間入りへ。1987年に放送されたテレビドラマ「風呂上りの夜空に」の舞台にもなったそうです。ダイエットや動脈硬化病変形成の抑制などに効果的な ナノバブル粒子が含まれた「nano湯」が有名です。また日曜日には、体の芯から温まる「生薬の湯」も用意しているそうです。

レトロな感じの入り口(画像クレジット:「文化浴泉」公式サイト)

富士山の絵と浴槽もオシャレ(画像クレジット:「文化浴泉」公式サイト)

照明の明かりも落ち着いていてくつろげそう(画像クレジット:「文化浴泉」公式サイト)

【住所】東京都目黒区東山3-6-8
【電話】 03-3792-4126
【営業時間】平日 15時半~25時 / 日曜 8時~12時 15時半~25時 
【定休日】月曜日
【入浴料】460円
【公式サイト】http://bunkayokusen.grupo.jp

ジモトのココロ編集部
地元応援メディア『ジモトのココロ』は、観光・移住・雇用からグルメ・温泉まで、地元の情報を発信しています。

ついでに読みたい

時代は「デザイナーズ銭湯」。460円で楽しめる都内の豪華な銭湯5選
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ジモココの最新情報をお届け
 ジモトのココロ・まぐまぐニュース!ほか、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

こちらもオススメ