現役飛行機の間近で食事ができる調布「プロペラカフェ」に潜入

2017.11.01

看板メニューはプロペラバーガー

カフェは、10時からのオープンで、ラストオーダーの時間は、3月から11月までが17時45分、12月から2月までが16時45分となっています。ドリンクやケーキ以外のフードメニューは、11時からの提供になっているそうです。私は、10時のオープンと同時に入店し、ブレンドコーヒー(500円)を頼みつつ、店内や格納庫を見学させていただき、11時の食事オーダー開始を待ってプロペラバーガー(1000円)を注文しました。(タイミング的に別々の注文になってしまったのですが、会計時にはセット料金(1300円)にしてもらいました。嬉しいサービスですね)

 

14

プロペラバーガー。お店の名前を冠したハンバーガー。ボリューム満点です

プロペラバーガーは、出てきた瞬間、ポテトの多さにぴっくり。その量は、大手ハンバーガーチェーンのLサイズポテト2つ分くらいのボリューム。ハンバーガーは、ゴロっとした厚みのあるパティの上に、レタスとトマト、オニオン、それにピクルスが乗せられ、サウザンドドレシングが添えられていました。バンズも、美味しく、全体のバランスがとてもいい!大人がかぶりつけるギリギリのサイズだという点も、大きなポイントですね。トマトとドレッシングの酸味がパティの肉感に良く合い、ボリュームがあるのにしつこさがなく、ペロリといただけちゃいました。“カフェ”というと、ドリンク主体でフードメニューは軽い物といったイメージがありますが、しっかり食事もできるのは嬉しいですね。

 

15

フライトシミュレーター正面からの様子

また、店内を見渡していたところ、台座が動くタイプの本格的なフライトシミュレーターがありました。ちょっとお店の片隅っぽいところに設置されていますが、体験可能な営業日が記されていましたので、ちゃんと動くようです。残念ながら、この日は体験可能日では無かったので、動いている様子を見る事はできませんでした。

16

フライトシミュレーター。斜めからの様子

 

カフェにも駐車場が併設されていますが、利用可能な台数は少なめなので、周辺の有料駐車場を利用した方がスムーズに来店できそうです。

今回は、格納庫に収容された飛行機を間近でじっくり見る事ができたので、次回は、晴れた日に離着陸する飛行機を見ながらのティータイムを楽しみたいと思いました。調布飛行場は、大規模空港と比べると、定期便の離着陸は少ないため、確実にその様子を見たい場合には、調布飛行場で定期便を運航する新中央航空株式会社(NCA)のホームページから、定期便のタイムテーブルを確認して来店すると良いかもしれませんね。

 

新中央航空株式会社ホームページ

Propeller Cafe

※バーガー類やケーキ類に限り、カフェメニューの一部はテイクアウト可能。(ただし、夏季などの暑い季節は、衛生上テイクアウトはできないとのこと)

 

 

 

梅原 慎治
埼玉県生まれ、都内在住のツーリングライター。主に関東近郊を走り周り、美味しい物や良い景色などを見つけて楽しんでいる。趣味としてフルコンタクト系の空手も嗜んでいる。

ついでに読みたい

現役飛行機の間近で食事ができる調布「プロペラカフェ」に潜入
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ジモココの最新情報をお届け
 ジモトのココロ・まぐまぐニュース!ほか、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

こちらもオススメ