昼とは別世界。夜の八景島シーパラダイスがロマンチックすぎる

2016.08.17
sub23

「海」「島」「生きもの」の魅力を楽しめる日本最大級の水族館「横浜・八景島シーパラダイス」。6月に“パンダのようなイルカ”の展示で話題となりましたが、今度は7月から~9月4日(日)までの期間、夜のシーパラが光の楽園に変身!花火や映像、イルミネーション、プロジェクションマッピングとお楽しみ盛りだくさんのイベントを開催中です。

夕方5時以降は、シーパラが光り輝く楽園に

楽園のアクアリウム ~サマーナイト~

4つの水族館をはじめ、さまざまなアトラクションがそろう「横浜・八景島シーパラダイス」。昼間は小さな子どもから大人までが夢中になって遊べるレジャーアイランドですが、夜はガラリと雰囲気が変わって“恋と遊びの楽園”と呼ばれるデートスポットになるのをご存知ですか?

この夏は、夕方5時から海の生きものたちと色鮮やかな光が融合した「楽園のアクアリウム ~サマーナイト~」を開催。シーパラダイスと東京駅3Dプロジェクションマッピングを手掛けたクリエイティブカンパニー「NAKED」がコラボして、幻想的な空間を生み出します。

また、昼間は見ることのできないシークレット水槽が登場したり、「海の動物たちのショー」がナイトショーならではの幻想的な空間になったりと、イベント盛りだくさん。アトラクションもイルミネーションに彩られてロマンチックモード全開です。

サマーナイトパス(3,300円)も発売されるので、この夏は夜のシーパラをお得に楽しみましょう。

THE OASIS ~FULL MOON PARTY~

「THE OASIS ~FULL MOON PARTY~」

「月と星が輝く夜の海」をテーマに、約5万尾のイワシとプロジェクションマッピングの映像を融合させたパフォーマンスを行う「THE OASIS ~FULL MOON PARTY~」。月の光がきらめく海中世界で、映像に登場する2匹の魚が「海月の森」や「サンゴの世界」といった幻想的な空間へと誘ってくれます。

ブルーを基調とした幻想的な映像が投影された大水槽に、映像のイワシと本物の5万尾のイワシたちが群れを成して煌びやかに舞い踊る姿は圧巻!思わず見とれて時間を忘れさせてくれます。

ジモトのココロ編集部
地元応援メディア『ジモトのココロ』は、観光・移住・雇用からグルメ・温泉まで、地元の情報を発信しています。

ついでに読みたい

昼とは別世界。夜の八景島シーパラダイスがロマンチックすぎる
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ジモココの最新情報をお届け
 ジモトのココロ・まぐまぐニュース!ほか、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

こちらもオススメ