温泉もスイーツも紅葉も。三度美味しい「箱根スイーツコレクション」

2017.10.04

大人のスイーツ、これに極まり

DSC_1747

いっぽう、これぞ、大人のスイーツNo1といえるのは小田急山のホテル・ラウンジバーの「秋季箱」。白木の箱を開けると、9種類のお菓子が秋の風景を表現しています。素材はカボチャ、レンコン、クコの実、干し柿、イチジクなど野菜や果物が主体。食べるのがもったいないくらいで、体にも良さそう。

この季節はこんもりとした緑色のつつじの庭園を眺めながら、テラスでもいただけます。

湯本で200年、お豆腐屋さんのババロアは白!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ホテルの豪華なスイーツは十分味わったので、地元のスイーツがほしいと訪れたのは「豆腐処 荻野」。箱根湯本の駅前商店街が途切れたところを左折し、早川を渡ってすぐのところにあります。200年以上の歴史をもつ老舗のお豆腐屋さんです。近辺の旅館やホテルに卸しているとか。店頭にはお豆腐、がんもどき、厚揚げが並んでいます。お土産にしたい逸品。

 

出てきたのは「豆乳ヨーグルトババロア」。お豆腐のように真っ白。そこにブルーベリーソースをかけたシンプルスタイルです。お店の自慢の玉だれ豆腐とぐいのみ1杯の豆乳もついて、550円なり。スイーツの締めには、この爽やかさがぴったりでした。

 

B級グルメも美術館巡りも

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回はスイーツのみを紹介しましたが、もちろん、ほかの食べ物も味わい、美術館を見学し、老舗ホテルに泊まりと、箱根を満喫しました。強羅の餃子センターでは定番・焼き餃子はもちろん、水餃子(野菜がたっぷりでほとんど鍋)もおすすめです。小田急さんには、スイーツのほかにも、箱根B級グルメコレクションもお願いしたいところです。

 

2015年にできたばかりの岡田美術館では、喜多川歌麿の傑作3部作「吉原の花」「深川の雪」「品川の月」が10月29日まで展示されています。この3作品が揃ってみられるのは明治12(1879)年以来だそうです。

温泉はもちろん、老舗の数々に、乗り物(ロマンスカー、スイッチバック式の登山鉄道、ケーブルカー、ロープウェイ、遊覧船、バスなど)、新しい見どころ。箱根は大人にも子供にも魅力的な観光地だと、あらためて思いました。

 

箱根スイーツ コレクション

 

松本すみ子
シニアライフアドバイザー。2000年から団塊・シニア世代のライフスタイルや動向を調査し、発信中。全国各地の自治体で「地域デビュー講座」の講師なども務める日々。当事者目線を重視しています。 http://www.arias.co.jp/

ついでに読みたい

温泉もスイーツも紅葉も。三度美味しい「箱根スイーツコレクション」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ジモココの最新情報をお届け
 ジモトのココロ・まぐまぐニュース!ほか、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

こちらもオススメ