別名「天空の湖」。群馬にある「野反湖」が息を呑むほど美しい

2016.08.23
unnamed

群馬県にある「野反湖(のぞりこ)」。
標高は1513mほどで、上信越高原国立公園内にある小さなダム湖です。

ここは別名「天空の湖」とも呼ばれています。
そんな群馬が誇る絶景スポットをご紹介したいと思います。

「野反湖」は自然の宝庫

群馬・長野・新潟3県の県境に位置している野反湖。

ご覧の通り大自然が豊富であることがその魅力です。

 

V(tanichan)~さん(@o.tanichan)が投稿した写真

湖の周囲にある遊歩道は、とても 壮大な眺め。

なんと、日本の遊歩百選にも認定されているのだそうです。 そして湖は「天空」の名に相応しい絶景。 この景色を一目見ようと、日本全国から多くの観光客が訪れています。

 

Saekoさん(@saekopy)が投稿した写真

 

>Nishi_Tomo<さん(@tomoohiro.n)が投稿した写真

また、野反湖は、冬の間は閉鎖されているとのこと。 毎年5月上旬~11月中旬まで解禁しており、その間は美しい四季の景色を見ることができます。

ここでは約300種類を超える高山植物も楽しめます。 6月下旬にはレンゲツツジ、7月中旬にはノゾリキスゲなどが見頃を迎えるのだとか。

 

キャンプや釣りも楽しめるようです。

@Heaaart
@Heaaartは、「心(Heart)」に響くコンテンツを掲載するバイラルメディア。【公式サイト】http://heaaart.com

ついでに読みたい

別名「天空の湖」。群馬にある「野反湖」が息を呑むほど美しい
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ジモココの最新情報をお届け
 ジモトのココロ・まぐまぐニュース!ほか、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

こちらもオススメ