返礼品は熱気球フライト。このふるさと納税がスゴイ「滋賀県草津市」編

2016.06.29
15535660765_b5e8038721_z

ヘリコプターでの空中散歩やオーダーメイドの鎧兜など、豪華&ユニークな返礼品も登場して、ますます注目を集める「ふるさと納税」。そんな中、昨年から特産品数が1.5倍に大幅増加して盛り上がっている地域を見つけました。滋賀県の草津市です。数もさることながら内容も豪華だったので、一部をここで紹介します。

滋賀県草津市のふるさと納税の返礼品がスゴイ

滋賀県草津市のふるさと納税の返礼品がスゴイと話題です。

昨年の82品からパワーアップし、今年はなんと136品に増えました。1万円からの寄付で名産品のメロンや梨、近江米などがもらえると好評です。しかし、やはり注目を引くのは、高額コースです。10万円、30万円、50万円のコースからそれぞれひとつずつピックアップしてみました。

では、まずは10万円コースから見ていきましょう。

■熱気球フライト体験ペア宿泊、宿場町草津 学び旅

0111

image by: Flickr

琵琶湖の風物詩でもある蓮の群生地が満開になる時期に、熱気球フライトで絶景を見下ろすことができる、熱気球フライト体験がついた宿泊券です。

上空20〜30mから見るハスの大群生や琵琶湖のパノラマビューは圧巻!午前6時〜9時にフライトするので、空気が澄んでいて視界も良好です。さらに、宿泊はボストンの街並をイメージしたレンガ造りの豪華なホテル、ホテルボストンプラザ草津。快適なステイが楽しめそうです。

この返礼品は日本最初の旅行会社として明治38年に草津で産声を上げた日本旅行です

ついでに読みたい

返礼品は熱気球フライト。このふるさと納税がスゴイ「滋賀県草津市」編
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ジモココの最新情報をお届け

こちらもオススメ