Airbnb発表「2016年に訪れるべき地域」。1位が大阪中央区の理由は?

2016.02.28
Osaka Castle. Osaka, JapanOsaka Castle. Osaka, Japan

宿泊施設や民泊情報を提供するAirbnb(エアビーアンドビー)が「2016年に訪れるべき16の地域」を発表しています。これは、2015年にAirbnbを利用した4,000万人以上の宿泊客の旅行パターンを分析し、滞在者数が急上昇した地域を選定したもの。全世界でも特にアジアの地域が上位を占める中、堂々の第1位に輝いたのは、なんと大阪市中央区。昨年1年間で滞在者数7000%増と、2位のバンコクを圧倒的な大差で引き離しました。

Airbnb発表「2016年に訪れるべき地域」。1位が大阪中央区の理由は?

tanuha2001 / Shutterstock.com

Airbnbホスピタリティ担当責任者のチップ・コンリーによると「Airbnb利用者は、冒険好きで、今まで人が訪れていなかったエリアを見つけトレンドを創り出す人たち」が多いそう。世界の旅行トレンドセッターたちは、大阪のどこに魅力を感じているのでしょうか?

2016年に訪れるべき16の地域

1.大阪、中央区(日本)7000%増
2.バンコク、バンランプー(タイ) 1230%増
3.クアラルンプール、ブリックフィールズ(マレーシア)1200%増
4.ボルドー、カピュサン(フランス)960%増
5.アテネ、コウカキ(ギリシャ)800%増
6.セビリア、トリアナ(スペイン)770%増
7.ハンブルク、ハンマーブローク(ドイツ)415%増
8.オアフ島、カネオヘ(米国)320%増
9.フォルタレザ、メイレーレス(ブラジル)285%増
10.メキシコシティ、ローマ・スール(メキシコ)275%増
11.ダラス、オークローン(米国)260%増
12.ジョージア州アトランタ、ポンシー=ハイランド(米国)240%増
13.ブダペスト、第7 地区(ハンガリー)145%増
14.バリ島、ブキット半島(インドネシア)130%増
15.メルボルン、リッチモンド(オーストラリア)126%増
16.ブエノスアイレス、コンスティトゥシオン(アルゼンチン)125%増

多様化する旅行ニーズ

観光庁が実施している「訪日外国人の消費動向調査 (平成27年10月~12月期報告書)」によると、外国人旅行者が「訪日前に期待していたこと」で最も多かったのは、「日本食を食べること」で70.1% 。続いて、「ショッピング(53.6% )」「自然・景勝地観光(44.6% )」「繁華街の町歩き(38.5% )」と続きます。これまでの京都や富士山といった有名な観光地を巡る旅だけではなく、ニーズは多様化しています。

Airbnb発表「2016年に訪れるべき地域」。1位が大阪中央区の理由は?

人気が急上昇した大阪中央区は、16世紀後半に建てられた大阪城があり、道頓堀周辺の繁華街など見どころも多い地域。デパートや高級ブランド店が並ぶ心斎橋ではショッピングも楽しめますし、たこ焼きやお好み焼きなど地域色のある日本ならではの安くて美味しいグルメも堪能できます。日本食、ショッピング、観光、町歩きのすべてのニーズをこのエリアだけで満たすことができるとあれば、人気が出るのも頷けます。

次ページ:黒門市場が外国人観光客にウケるわけ

ジモトのココロ編集部
地元応援メディア『ジモトのココロ』は、観光・移住・雇用からグルメ・温泉まで、地元の情報を発信しています。

ついでに読みたい

Airbnb発表「2016年に訪れるべき地域」。1位が大阪中央区の理由は?
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ジモココの最新情報をお届け
 ジモトのココロ・まぐまぐニュース!ほか、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

こちらもオススメ