店主がツッコミ待ち。「かぶりもの」で買い物客をもてなす大阪の「笑」店街

2018.01.17

地元に根づいたお店がかわいく大変身

この企画がスタートした当初、やはり恥ずかしがる店主さんが多かったのだそう。そんななか率先してかぶりものを始めたのが昭和30年創業「手づくり天ぷら 丸福」さん。

 

手づくり天ぷら「丸福」

手づくり天ぷら「丸福」

 

いまや商店街の名物コスプレイヤーとなったご主人の福井昭二さん曰く、

 

福井「お客さんが通りすぎたあと『びっくりしたわ! なにかぶってんの?』って引き返してくれる。話が弾むようになりました」

 

福井さんはお客さんとの会話が増えた点にメリットを感じていらっしゃる様子。この日も「ご主人、かわいいわ~」と声をかけられ、照れくさそうにしておられました。

 

姉妹でかぶりものをしているお店も。商店街でもっとも古く、戦時中に創業した「味噌と漬物 みなみ」を営む平野冨美子さんと大本登志子さん。店頭での味噌の量り売りが懐かしい。昭和レトロな業態を今なお残す稀少なお店です。

 

味噌・漬物「みなみ」

味噌・漬物「みなみ」

 

平野・大本「正直、かぶりものには抵抗ありますよ。いまでも慣れないわ。でも商店街に協力したいしね。経済効果? お客さんが『おもしろいもんかぶってるねえ』って来てくれはるようにはなったけれど、儲けの効果はいまのところ感じへんねえ(笑)」

と忌憚なきご意見も。

 

お米屋さん「食料品 ダイチュー」の店主であり京阪東通商店街の理事長を務める篠原和伸さんとまゆみさんご夫妻は、ともにかぶりものを。ご夫婦が揃ってコスプレをしている姿はとみにほほえましく、メルヘンな空気に包まれていました。

食料品「ダイチュー」

食料品「ダイチュー」

 

篠原「お客さんから『なにやってんの?』って声を掛けられるようになりました。皆さんにっこりしはるし、商店街の雰囲気が以前よりが明るくなったように思いますね。経済効果? 土曜日はお客さんが増えたかなあ。かぶりものだけやなく、マイクで店の宣伝をするのがお客さんが増えた原因でしょうね

 

吉村 智樹
京都在住の放送作家兼フリーライター。街歩きと路上観察をライフワークとし、街で撮ったヘンな看板などを集めた関西版VOW三部作(宝島社)を上梓。新刊は『恐怖電視台』(竹書房)『ジワジワ来る関西』(扶桑社)。テレビは『LIFE夢のカタチ』(朝日放送)『京都浪漫』(KB京都/BS11)『おとなの秘密基地』(テレビ愛知)に参加。まぐまぐにて「まぬけもの中毒」というメールマガジンをほぼ日刊で発行している(購読無料)。

ついでに読みたい

店主がツッコミ待ち。「かぶりもの」で買い物客をもてなす大阪の「笑」店街
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ジモココの最新情報をお届け
 ジモトのココロ・まぐまぐニュース!ほか、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

こちらもオススメ