鏡張りのような美しい紅葉も。京都を美しく撮れる紅葉エリア10選

2017.10.04
kyoto01

10月に入り、紅葉の季節がやってきました。紅葉のスポットといえば、真っ先に浮かべるのは京都ではないでしょうか? 数ある京都の紅葉スポットの中でも最近では「鏡張り」が見られる紅葉スポットが人気のようです。「鏡張り」も含めた、京都が美しく撮れる紅葉エリア10選をご紹介します!

 

今秋の「そうだ京都、行こう」は「東寺」

toji_B0_0922

image by: 「そうだ京都、行こう。」ポスターギャラリーより

京都といえば、紅葉。紅葉といえば京都。

JR東海が1993年より実施しているおなじみのPRキャンペーン「そうだ京都、行こう。」では観光客を誘致するため、写真や映像などで京都の魅力をアピールするPR活動をおこなっています。今年の秋のキャンペーンで紹介されているのが、「東寺(とうじ)」。東寺は796年に創建された、京都市南区九条町にある仏教寺院で、観光スポットとしても有名ですが、秋には見事な紅葉を見ることができます。

source by: 「そうだ京都、行こう。」公式サイト

思わず息を呑む美しさですね。この「東寺」の写真カットのように、いまのトレンド鏡張りの紅葉です。「鏡張り現象」とは水面や床などに周辺の風景が反射した現象のことを言います。この現象をうまく捉えて、鏡張りの京都の紅葉を美しく撮る人が続出しています。

鏡張りを含めた紅葉が美しく撮れるスポットをみていきましょう!

 

春と秋のみ拝観できる「瑠璃光院」

Rurikoin temple

image by: Flickr / Florent Lamoureux

春と秋にしか拝観できない瑠璃光院(るりこうじ)」。今年は10月1日〜12月10日まで秋の特別拝観ができます。拝観料は2000円と少々お高めですが、書院の1階と2階から見る紅葉は息を飲む美しさ!鏡張りのショットも撮れることで知られています。
春は青もみじが観覧できることでも有名で、写真を撮ってSNSであげる人が続出!

 

Ralph*さん(@ralph.syuka)がシェアした投稿

 

 

床からのショットも。

 

Sae Kurodaさん(@saekuroda)がシェアした投稿

 

 

見頃:11月中旬から12月初旬
拝観料:一般 2,000円
住所:京都府京都市左京区上高野東山55
公式サイト

 

世界遺産に登録「醍醐寺」

daigoji8

image by: 京都素材フリー

古都京都の文化財として世界遺産にも登録されている、京都市内最大の寺院「醍醐寺(だいごじ)」。モミジ、イチョウなどの落葉広葉樹も多醍醐寺の中でも注目すべきは、林泉の北東岸に建立された弁天堂 。水面が反射して、圧巻の光景に出会えます!

 

Koheiさん(@4869picture)がシェアした投稿

 

見頃:11月中旬~12月上旬
拝観料:大人 1500円(10月15日~12月10日)/ 通常期 800円
住所:京都市伏見区醍醐東大路町22
公式サイト

 

ジモトのココロ編集部
地元応援メディア『ジモトのココロ』は、観光・移住・雇用からグルメ・温泉まで、地元の情報を発信しています。

ついでに読みたい

鏡張りのような美しい紅葉も。京都を美しく撮れる紅葉エリア10選
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ジモココの最新情報をお届け
 ジモトのココロ・まぐまぐニュース!ほか、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

こちらもオススメ