動物園より長い歴史。旭川で50年以上、雪の祭典「旭川冬まつり」2月7日から

2018.01.13
001-1

北海道を代表する冬の祭りは「さっぽろ雪まつり」だけではありません。「さっぽろ雪まつり」に次ぐ、冬の大イベントが旭川にもあります。それが、「旭川冬まつり」。一体どんなお祭りなのでしょうか?

 

「さっぽろ雪まつり」に次ぐ、冬の風物詩「旭川冬まつり」

59391

毎年2月、北海道・旭川市で開催される「旭川冬まつり」は今年で第59回目を迎える古くから続く冬の祭典です。毎年国内外から約100万人が訪れる、「さっぽろ雪まつり」に次ぐ、2番目に大きい祭りとなっています。始まったのが、1960年。もともとは、アイヌの伝統儀式「イヨマンテ」と呼ぶ熊祭りが前身となっているそうです。

壮大なスケールの雪像はもちろんのこと、「氷彫刻世界大会」や「あさひかわ雪あかり」 なども見所です。

 

001-1

59422

001

001

 

 

 

 

eriyさん(@eriy555mee)がシェアした投稿

 

 

 

大迫力の雪像も見応えありますが、氷彫刻も美しいですよね!
ユニークな動物の見せ方で話題になった「旭山動物園」も旭川市内にあるので、旭川冬まつりを見に行くついでに、こちらもぜひ寄ってみてくださいね。

 

今年は2月7日〜12日まで開催。
詳しくはこちらから。 

 

image by: 旭川市


 

ジモトのココロ編集部
地元応援メディア『ジモトのココロ』は、観光・移住・雇用からグルメ・温泉まで、地元の情報を発信しています。

ついでに読みたい

動物園より長い歴史。旭川で50年以上、雪の祭典「旭川冬まつり」2月7日から
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ジモココの最新情報をお届け
 ジモトのココロ・まぐまぐニュース!ほか、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

こちらもオススメ