料理で町は元気になる。過疎地に80万人の観光客を呼んだ奇跡のシェフ

2017.08.22

~村上龍の編集後記~

「食材を活かす」誰もが常識だと思っている。だが、実はこれほどむずかしいことはない。食材は料理人の知識や技術を超える偉大な存在なのだ。

かつて北海道は「食材の宝庫だが美味しい料理は少ない」と揶揄されることもあった。そこに中道博というシェフが現れた。「食材と水」をベースにして、オーベルジュを作った。

料理は、自律的だ。どれほど高名なシェフでも、エゴが食材への敬意を覆ってしまったら、堕落する。中道さんは常に食材と客のことを考えている

その料理はあらゆるエゴが消えていて美味しさだけがある

<出演者略歴>

中道博(なかみち・ひろし)1951年、北海道登別市生まれ。1970年、札幌グランドホテル入社。1974年、フランスに料理修業へ。1984年、ラパンフーヅ設立、「モリエール」開業。1997年、「マッカリーナ」開業。

source:テレビ東京「カンブリア宮殿」

 [touroku]

bnr_720-140_161104

ジモトのココロ編集部
地元応援メディア『ジモトのココロ』は、観光・移住・雇用からグルメ・温泉まで、地元の情報を発信しています。

ついでに読みたい

料理で町は元気になる。過疎地に80万人の観光客を呼んだ奇跡のシェフ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ジモココの最新情報をお届け
 ジモトのココロ・まぐまぐニュース!ほか、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

こちらもオススメ