【函館】築85年の旧銀行が、こんなにモダンなホテルになりました

2017.04.20
sub3

5月26日に北海道函館市のベイエリアに新ホテルが誕生します。その名もホテル「HakoBA 函館 -THE SHARE HOTELS-(ハコバ ハコダテ ザ シェア ホテルズ)」。函館市の景観形成指定建築物に指定されている旧銀行がリノベーションされたホテルです。

築85年の旧銀行をリノベしたホテル「HakoBA 函館 -THE SHARE HOTELS-」(北海道・函館市)

main

image by: PR TIMES

この春に新しくオープンするこのホテルは「HakoBA 函館 -THE SHARE HOTELS-」。7年前までは「ホテルニューハコダテ」として営業していました。

この建物は1932年に安田銀行函館支店として建設され、函館市の景観形成指定建築物に指定されています。85年の時を経た今も、当時の近代建築の名残りがあります。ここを一部改修して、5月に「HakoBA 函館」がオープンします。

クラシックでレトロな外観ですが、内装はどうなっているのでしょうか?

白の建物が目立つ「BANK」

まず、ホテルは「BANK」と「DOCKの2つの建物に分かれています。

もともと銀行で、函館市の景観形成指定建築物に指定されている「BANK」。鉄筋コンクリートの造りで、地上3階建て。開国時代を蘇えさせるようなモダンな空間に仕上げられています。

建築当初の内装をいかした、ツイン・ダブルの個室タイプの19室(定員2名)、プライベートテラス付のメゾネットタイプ1室(定員4名)の客室を完備。

「BANK」の部屋イメージ

昭和初期に流行したアール・デコ調の装飾が施された梁や半円アーチ型の窓などがポイントです。高めの天井も開放感がありますね。

一方、船の形を模して造られた「DOCK」は、函館を象徴する赤レンガ色が特徴の建物。

赤レンガがポイント「DOCK」

こちらの客室は「BANK」と違って、2段ベッドが特徴的。個室タイプ13室(定員2〜6名)と、ドミトリータイプ(32ベッド/女性専用あり)があります。

sub7

エコノミールームズは定員6名まで泊まれる

ロフト型の木製ベッドとダブルベッドを組み合わせた空間が広がります。室内には洗面が備えられた個室タイプの客室です。家族旅行や女性同士の旅行などにおすすめです。

sub8

エコノミーツイン

エコノミールームズは大部屋ですが、こちらのエコノミーツインはコンパクト。2段ベッドと洗面が備えられた個室タイプの客室です。カップル、少人数の友人との旅行などに最適!

また、ドミトリータイプの部屋「シェアードルームズ」もあります。寝床があれば十分という人には、ドミトリータイプの部屋をおすすめです!価格も3600円〜とリーズナブル

sub10

ドミトリー部屋のイメージ図

ドミトリーといえば、寝てる顔も見られるんじゃないかと心配になる人も多いかと思いますが、こちらはカーテン付きのボックス型で、個人のスペースも確保できます。鍵付きセキュリティボックスもあるので、セキュリティー面も心配ないですね。また、女性専用ドミトリーには、メイクスペースや更衣スペースがあるそうです。

すでに、公式ウェブサイトで宿泊予約を開始しているようなので、函館に訪れる予定がある人はぜひチェック!

 

北海道函館市末広町23-9(JR函館駅より徒歩23分)

公式ウェブサイト

 

source & image by: PR TIMES

ついでに読みたい

【函館】築85年の旧銀行が、こんなにモダンなホテルになりました
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ジモココの最新情報をお届け

こちらもオススメ